焼酎と九州

九州って、こんなに良いところが沢山あるよ!! 初めての錦江湾、姶良(重富漁港)沖で大きな真鯵を沢山釣ったとき、数年ぶり??で桜島が噴火しました!!!・・・しかも2回も!!(2008.4.27) 私も噴火したい気持ちになりました!!!

コロナ日記:クラスターや濃厚接触者の認定は必須である                          Japanese Government recognize any clusters with close contacted persons, rapidly !

ブルーインパルス220200529 医療の現場で時々気が付く。
 そして大きく失望することも多々ある。

 そんな中、最近のCOVID-19感染者の診断をしていて・・・
 業種によっては、もしかしたらかなりの業種において、例えば店舗などの第三者に感染を広げる可能性が高い状況の患者に対して、
 「濃厚接触者ではない!」との認定や・・・
 「業務の停止をする必要はない!」といわれることが、少なからずある様である。
 (何かと問題となりうるので、詳細な説明は避けるが・・・)

 これでは、非感染状態の国民は、容易に感染者と接触することになり・・・
 新たな被害を被ることになる。
 つまり国民は担当公務員組織から裏切られた形になる事を意味している。
 勿論公務員は、我々の税金から給与を支給されているのであり、国民が雇用主である。
なのにこのように疑われる事案が指摘されるという事は、理性やモラルの高い公務員組織であるはずなので、組織内からの改革を直ちにするべきではないか!?
と強く疑問に思う。

日本人の誇りをもって、迅速に善処いただけることを期待する。

コロナ日記 積極的PCR施行がいま望まれていることである                              PCR to be done for suspicious job workers,NOW !

コウちゃん20170701 緊急事態宣言という政策だけでは、東京都では新規感染症者を一日あたり300人から さらに少なくすることは出来なさそうであることが分かった。
 しかし今後は、ただ単に緊急事態宣言を終了するというのであれば、当然この患者数をボトムとして上昇してくことだけは、我々は皆認識している。

 問題なのは、症状がない患者が存在するという事。
 症状があっても自分がコロナウイルス感染症であり、医療機関で検査を受けようとする動機に繋がらない人が存在するという事。
 自分が陽性であるという結果を知りながら、保健所等の管理に従おうとしないものの存在である。

 私は思う、飲食店だけではなく、人と接することを仕事上非常に大きなウェイトを占める営業的な仕事の人たち、スポーツジムのインストラクター的な人たちには、事業体ごとに定期的にPCRを受けるような施策が必要である!!という事だと思う。

 また変異株の話からは、今 かなり政策的に陽性者を発見しようとする努力をしない限り、小学校や幼稚園などの低年齢層でのクラスターの多発が予想され、さらには子供の家族への感染拡大がおこるのは、誰もが懸念する近未来の予想である。

コロナ日記 打つ手がない!?あるでしょ!! Cannot stop the COVID-19 anymore !?? Yes, we can !!

IMG_0072 非常事態宣言を出して、飲食店に協力金を出して・・・それでだめなら、もう知らない!!
 というご意見であろう。
 だから緊急事態宣言はもう辞めましょう!というのは理論的には破綻気味である。
 この際、再度我々の生活を振り返って考えてみましょう!

 少し考えると思いつくと思うが・・・
 しかし我々の社会の中で、接客・人と接する業種は、結構ある。
 当然飲食店だけではない。ホストだけというわけではない。

 例えば医療業種。介護なども同様である。
 一般的な会社というと不適切な表現かもしれませんが、営業職。
 一つの目安はリモートが出来ない職種。
 スポーツジムの関係者などは、結構密接な接触がある職種かもしれない。

 それらの人たちの感染拡大を抑える方法を探すという事になる。

 毎日の検温や体調管理を組織的にして、体調が悪いという事があるなら、すぐにPCRなどの検査を実行する。
 もしも余裕が今後出てくるなら、無症状者においても時々PCRを施行する。

 別の話であるが、医療職の人でコロナ入院患者を扱っている人には、時々そういう人がいるが、家族の事を考えて一人住まいになるという人もいる。そこまでするべきかは、はっきりとは言えないが、上記の人と接する仕事をしている人は、同居する家族がいるなら、家庭内でもマスクをしたり、食事のとり方などを工夫するという事も家庭内感染の拡大に対しては抑止につながる。

 野外や道端で、宴会を開くのは大変好ましくないという事は、理解下さる方は多いと思う。
 
 緊急事態宣言というのは、ある程度効果があった。
 そこで今後このような事を実行すべきではないか!!?

コロナ日記 日本のコロナ変異株は世界の最先端!?検疫大丈夫??                 Japanese quarantine playing a role !? with catching up the world trend of mutated COVID-19

IMG_0114 一臨床医としての意見ですが・・・
 専門家委員会と日本医師会長などの発言は非常に重要な事をご指摘いただいているし、予想もかなり正しいと思います。

 そんな中、どうしても合点がいかないことがあります。

 コロナの変異株の話です。

 イギリスで変異株が出てきて、感染力は、今までの1.6倍であり、10歳以下の子供にも感染性を示しているという報道。(2020.12.25が国内初の報告との事
 1週間ほどして、南アフリカの権威株はもっと恐ろしい!・・・

 しかしその後、これらの変異株は、静岡県などで(検疫で水際対策を行っているにもかかわらず)報告されたときには、感染経路不明状態で・・・
 裏を返せば、水際対策をしっかり行っていないから、知らないうちに世界で問題となっている変異株は日本国内に入っているという事と 同じことではないのかと疑念を抱く。
 勿論私は検疫を完全否定しているのではない。もしかして少し甘く扱ってしまった患者がいて、しかもその数は相当数いて〜〜〜その人たちが変異株を持ち込んだ結果 このようになった・・・のかもしれない。
 しかし・・・日本の変異株事情は、かなり世界最医先端を行っていると感じるし・・・
 実際検疫を通過して入国した患者たちのお話を聞いても・・・無念さを禁じ得ない。

(国内の緊急事態宣言下のコロナ患者数の下げ止まり、リバウンドで議論されているポイントは、国民の認識には個人間でかなりの開きがあるという事だ。しかし検疫という組織は、国の組織なので〜〜〜残念至極である)

コロナ日記 陽性でも仕事を続けている人がいると聞いた。                          Some COVID-19 positive workers are still working !? I heard

月下美人20200711-1 医学においては、患者は生きた教科書である。とよく言う。
 最近患者さんから聞いた。
 自分の職場の若い子は、少し離れた場所でコロナウイルスの検査を受けて陽性であったとの事。
 しかし働きながら・・・同僚に対する説明は・・・
 「服にウイルスが付いていても、陽性反応が出ると聞いている!」・・・??????
 「陽性だったら仕事できないし・・・」・・・???
 〜〜〜いまだにこのような認識の人が実在するという事である。

 私は思う、コロナ陽性患者の下げ止まりで重要な患者群は・・・
 このような自論を展開できる人たちであり・・・
 この人は飲食業ではなかったが、客と接する機会のある人たちの集団である。

 重要な事は、早期の検査と診断。
 そして(耳にタコができるほどマスコミからは聞き飽きるぐらいであるが)国民に対する教育であり・・・
 それは個々の人たちの小さな集団での話あいを頻回に躊躇なく行う事なのだと思う。
記事検索
最新記事
Archives
にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ
livedoor プロフィール

kayash

不愉快なことが沢山あるこの日本!!今までは漠然と不満を持っていた自分!!しかし2008年5月4日からこのブログを初めて、自分が感じている不満をもっと具体的に他の人に伝えるにはどうすればよいのだろう??と考え、何かと調べてまとめることを続けてきました!!・・・そして大分具体的に自分の価値基準を持つ事が出来たような気がします!!・・・これからも『焼酎』(米、球磨焼酎)、『九州』(熊本、宮崎、鹿児島など)、『日本や世界』の『政治、経済、文化、スポーツ、観光、事件』について私の考えでコメントしていきます!!・・・よろしくお願い申し上げます

livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ