焼酎と九州

九州って、こんなに良いところが沢山あるよ!! 初めての錦江湾、姶良(重富漁港)沖で大きな真鯵を沢山釣ったとき、数年ぶり??で桜島が噴火しました!!!・・・しかも2回も!!(2008.4.27) 私も噴火したい気持ちになりました!!!

九州自動車道まだまだ時間がかかります(熊本空港益城〜松橋)           Kyusyu Highway, so damaged between Kumamoto Airport Mashiki and Matubase !

P1000184 熊本地震・・・
 熊本に甚大な被害をもたらしましたが〜〜〜
 その爪痕は・・・ブルーシートをかけられた建物・・・
 熊本城
 九州自動車道
 ・・・
 ・・・

 そんな九州自動車道。
 熊本空港益城インターから南の松橋(まつばせ)にかけては、下り線の道路のつなぎ目が大きく離れ、上下にずれ、到底走れる状態ではないそうです。

 そこで一部下り線を上り線に偏向して、対面交通でどうにか自動車が通っています!

私の父の本家の洋服屋です! At 都農・宮崎

P1000325P1000326P1000320
















 時々〜〜〜
 このブログでは出てくる写真ですが・・・
 私の父の兄の息子が営んでいる洋服屋です!

 宣伝で〜〜〜スミマセン!

 私の祖父母のお墓と〜〜〜神の国 宮崎!

 私のご先祖様は、日向一之宮 都農神社の 祖霊社という場所にも いらっしゃるという事になっています。

 父の本家とお墓や神社は・・・駅と「丸井」の関係にあります!

桃花源 at 熊本キャッスルホテル!                              Tokagen, a Chinese restaurant, at Kumamoto Castle Hotel, so good !

P1000158P1000161P1000165 2016.4の熊本地震。
 このホテルもかなりのダメージがあり〜〜〜
 宿泊客は7月下旬から100室程度 泊まれるようになったそうです。

 その地下1階!

 「そうだ! 熊本でお金を使おうよ!
  昼飯は 熊本にしよう!」

 と二台の乗用車に分乗して、人吉を出て約1時間余!

 私たちは 熊本市に着きました。
 そして熊本城をまじかに見ることが出来る「熊本キャッスルホテル」〜〜〜
 時々泊まる事もありますが・・・

 今日はそこの地下の中華料理屋さんです。

 11時半に入店した時には、私たちが一番乗りだったのですが〜〜〜
 30分もしないうちに ほぼ満卓。
 活気すら感じました。

 そしてお料理は・・・お勧めでした!!

都農神社の蕎麦屋さん!お勧めです! At 都農町 宮崎県                 A Japanese noodle restaurant at Tsuno Shrine, Miyazaki, I recommend !

P1000332P1000345P1000346 都農と言えば〜〜〜私の父方の祖父母の町。
 幼少の頃から慣れ親しんだ街です。

 この都農と言えば〜〜〜
 恐らく 都農神社をあげられる方が 多くいらっしゃると思います。
 都農神社は 日向一之宮。 
 祖父母が良く連れて行ってくれ・・・ 境内には動物園もあります。

 そして〜〜〜時々私が立ち寄る
 都農神社の蕎麦屋さん!
 天ぷらそばと、うどんと〜〜〜氷が入っていて、

 この暑い夏・・・一息つけました!

私が幼少時 川遊びをした球磨川 at 熊本県湯前町                    Kuma River in my fantastic memory of my child food, at Yunomae-cho, Kumamoto !

P1000399P1000401









 今見ると、日本三急流の一つである、球磨川ですが・・・
 少し広めのどぶ川のように見えます。

 写真では伝わりにくいですが、川幅は15mぐらい。
 右側の樹の生い茂っているあたりで、水深4mぐらいありました。

 そして多分〜〜〜今でもそれだけ深いと思います。

 この川には、市房ダムというダムが治水・農業用水等の目的で 昭和30年代に造られ・・・
 それ以降、ダムを開放していれば、以前の様な急流
 開放していなければ、緩やかな川の流れになり、水は死んでしまったような感じになります。


 以前は、この淵に おじさんや従兄弟などと潜り、「やす」(もり とも言うと思いますが、とがったフォークの様なもの)で そこにいるあらゆるものを突いて捕獲しようとしたものでした。

 そして「いだ」という方言の魚 一般名は「うぐい」というのだと思いますが・・・
 これは沢山いて、その渕の水深 3mあたりの穴に、群れを作っていました。

 〜〜〜当時の私としては、「宝の穴」を発見した高揚感を覚えたものでした。
記事検索
にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ
livedoor プロフィール
Amazonライブリンク
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ