焼酎と九州

九州って、こんなに良いところが沢山あるよ!! 初めての錦江湾、姶良(重富漁港)沖で大きな真鯵を沢山釣ったとき、数年ぶり??で桜島が噴火しました!!!・・・しかも2回も!!(2008.4.27) 私も噴火したい気持ちになりました!!!

台風19号(2019年)に思う、地球温暖化と緊急放水                    Typhone 19 taught us something

IMG_0269 私は世田谷に住んでいます。
 そのため知人、親戚にはご心配頂き有難うございました。
 また またまたですが、被災された方々にはお見舞い申し上げます。

 個人的に感じた事。
 ・天気予報が非常に正確であったという事
 ・大雨の最中に緊急放水をするという事は どれほど恐ろしいかという事
 ・50年〜60年前にも 大きな被害をもたらした大きな台風が来ていますが・・・
   やはり地球温暖化という問題は、我々の喫緊の課題として、対処・解決しなくてはいけない問題であるという事の認識です。

 『緊急放水』についてですが・・・
 単純な私の考えでは、正確な天気予報を参考にして、台風が来ると言う3日ぐらい前から事前に放水しておけばいいのではないか?という意見を持ちました。
 たまたま天気予報が外れて、水が足りなくなったときは、それは諦めるしかないと思いました。
 しかし一方で今回の大雨、『八ッ場ダム』という環境破壊という事で、かなり賛否のあったダムですが、つい最近までは水をためていなかったそうですが・・・
 この記事をそのまま信じると、今回の雨で標高差60m分の水がたまるほどの大量の雨であった。そのために、このダムがあって利根川水系の水害は防げたのかもしれないと!?という記事ですが・・・それだけダムの貯水量の推測は難しいのかもしれません。

日本血液学会総会(東京)明日の午後は休みです!                   Medical meeting on hematology will be cancelled tomorrow !!

IMG_0007 今日から3日間の予定で 東京国際フォーラム(有楽町)で血液学会が開催されています。
 今日の昼のニュースでは、明日は東京は朝の6時から 台風19号の暴風雨圏に入るとの事でした。

 明日は、学会はお休みになるかも!?

 と思って、昼すぎに出席目的にて、会場に行ってきました。

 〜〜〜案の定と言いますか・・・

 少なくとも今日の昼過ぎ現在の学会の発表では、明日の13時以降は中止になるとの事でした!
 私の記憶では、私が参加する学会が天候異常で中止になるという事を経験したことが無いです。

 ・・・JRは明日は午前9時ごろから運休になるようだし・・・

 おそらく東京あたりも、明日から明後日にかけては、大変な事になるそうです!!

浄土ヶ浜パークホテル(岩手県宮古市)は素敵なホテルです!          Jyodo-gahama Park Hotel, so nice !!

IMG_0549IMG_0535










 約30年前、学会発表で盛岡に来た際、学会をサボって宮古までバスで来たことがあります。
 その時は宮古の駅の近くの食堂でうどんと寿司を食べた記憶があります。

 一方で浄土ヶ浜と言う非常にきれいな浜辺があると聞いて、そこまで行った記憶があります。
 船に乗って海に出ると、うみねこが寄ってきて餌をねだります。
 こんなに自然に溢れて、宮古は素敵な町なのだと当時感心しました。

 今回は、その時行ったパークホテルに寄りました。

 お昼はバイキングをやっており、堪能できました。
 そして驚いたことに、釜石で開かれているラグビーワールドカップで試合をする予定の、フィジーの選手とナミビアの選手がこのホテルに滞在しているとの事でした。その選手の1人は、178センチの私と比べてみても、3廻りほど大きな まるで大きな岩のような特別な体をした選手たちでした。

 一方、浄土ヶ浜と言う地名…
 初めてこの名前を知った私は、どうしても現世と、死後の世界と、この辺では交錯しているような場所なのかなと、内心畏怖の念を覚えました。

 そして東日本大震災が来てから約8年経ち、この辺も、少しは平静に近くなったような印象を持ちました。

 そして、2万人余という想像を絶した自然災害の街街をやっと訪問し・・・
 私は自分の人生のはかなさを痛感し・・・
 きっと今の私も、これからの私も・・・
 先祖や先輩、同僚、地域社会の皆と一緒に・・・

 私自身も 生きていても、そうでなくても・・・
 私の身の回りの人も 生きていても、そうでなくても・・・
 一緒にやっていくのが人生だと実感しました。

IMG_0536IMG_0543IMG_0564IMG_0596

初めて来た田老町 My first visit to Taro Town, Iwate !

IMG_0504IMG_0527 私が小学生の頃、社会科の教科書であったと思うが、田老町の津波〜〜〜
 ものすごく大きな犠牲を払わされた津波災害の話が載っていた記憶がある。
 そしてきっと破られることは無いであろうという巨大な防潮堤建設の話・・・

 私の記憶では、もしかすると約30年前の盛岡であった学会の途中に宮古に来た際に、この田老には寄った可能性は否定できないが、確か今回が初めてであると思う・・・

 写真を見ると、約10メートルの防潮堤、2回にわたって大きな工事が行われ、X字型に街を守るように造られてていた。
 明治の時の津波の被害(明治三陸地震)、約2000人余の町民の中で、その9割が津波で命を落としてしまったと言う。
 単純な比較はできないが、例えば戦争で激戦を戦った部隊があった時、その死亡率が9割と言うような部隊…そのような激しい戦争と言うのは、おそらくほとんどないと思う。
 〜〜〜そのような物凄い、地獄のような災害がこの町を襲った過去がある。

 どうしても私自身が行ってみたかった田老町・・・
 その地に実際立ってみて・・・
 筆舌に尽くしがたい地獄であったに違いないと、私は実感した。

 被災を受けた『田老ホテル』は、今でも海の近くに立っている。

 そして海沿いの丘の上からは、三陸特有の素晴らしい景色が広がっていた。

IMG_0515IMG_0519IMG_0598IMG_0593

穴通磯など超絶景です(大船渡市) Anatoshiiso, amazing landscape at Ofunato

IMG_0461IMG_0464 泊まっていたホテルから、車で南のほうに向かって約10分位で、三陸海岸の1つの名所だと言われているこの場所にたどり着きます。

 リアス式海岸と言うのは、現地の案内所の女性に聞きましたが、もともとは小さな川がたくさんあって、小さな谷がたくさんできていたそうです。その小さな谷が隆起することによって、今のような20メートルとか40メートルとか、さらにもっと高低差のある断崖絶壁を形作ったのだそうです。

 磯にある奇岩としては、波に削られて、穴が1つぐらいあって、そこを船で通ることができたら、一大観光地になっているように思います。

 しかしこの穴通磯
 同時に3つも穴が続いて空いています。

 このような絶景は、かつて見たことがないと感じました。

 また周りの暴風のために立っている高さ20メートルから30メートルの松並木…
 とっても自然に溢れる場所なんだなと感じました。
IMG_0595IMG_0602
記事検索
Archives
にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ
livedoor プロフィール

kayash

不愉快なことが沢山あるこの日本!!今までは漠然と不満を持っていた自分!!しかし2008年5月4日からこのブログを初めて、自分が感じている不満をもっと具体的に他の人に伝えるにはどうすればよいのだろう??と考え、何かと調べてまとめることを続けてきました!!・・・そして大分具体的に自分の価値基準を持つ事が出来たような気がします!!・・・これからも『焼酎』(米、球磨焼酎)、『九州』(熊本、宮崎、鹿児島など)、『日本や世界』の『政治、経済、文化、スポーツ、観光、事件』について私の考えでコメントしていきます!!・・・よろしくお願い申し上げます

livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ