焼酎と九州

九州って、こんなに良いところが沢山あるよ!! 初めての錦江湾、姶良(重富漁港)沖で大きな真鯵を沢山釣ったとき、数年ぶり??で桜島が噴火しました!!!・・・しかも2回も!!(2008.4.27) 私も噴火したい気持ちになりました!!!

欧米、日本などの経済活動は2分の1になるかも??                 〜〜きっと地球も喜んでいる? 地球が人間に罰を与えた??〜〜

678e2d2a.JPG 私の経済の専門家ではありませんが、人から拝聴したことなどを掻い摘んで独断と偏見的な、そして地球に対しては優しい立場で、今後の世界経済に関してお話をさせて頂きたいと思います。

 7月12日ごろロイターや読売新聞などでは
『米貯蓄金融機関監督局(OTS)は11日、資金繰り難が続いた米住宅金融大手、インディマック・バンコープの経営再建断念を発表した。同社の資産総額は320億ドル(約3兆4000億円)。米連邦預金保険公社(FDIC)が管財人として営業を継続し、同社の受け皿機関を探す。』
と報じられていました。

 これは経済の専門家の間では以前より予想されていた事象で、今後同様の破綻が連鎖的に引き続き発生することになります。
 つまり今回この破綻事件を取り上げた理由としては、もはや1年前になりますが、アメリカの低所得者向け住宅ローン問題が2007年7月に表面化し、一時期ベアスターンズの破綻事件(2008年3月)等を経て、どうにかコントロールできたかに見えたサブプライムローン問題は再び猛烈な勢いで世界経済に大きなインパクトを与えるであろう事がほぼ確実となった事を示す事象です。

 人間はどんな経験を積んだり、勉強をして理性的に判断できる能力を獲得したとしても、こと経済活動に関しては、何が何でも発展させることしか考え行うことが出来ない動物なんだという事であり、それが人間の宿命であるのなら、CO2削減が達成できる唯一の方策は、人間の大切な経済自体が何かしらの理由で崩壊して、その規模を縮小するしかないというのが正解なのだな
  〜〜その可能性は神のみぞ知る 
        ・・・地球のみぞ知る
           ・・・という事でしょうか??

続きを読む

アメリカの真摯な態度!?                              〜〜環境サミットは何時あったんだっけ??〜〜

16bee510.JPG 環境サミットといわれた北海道洞爺湖サミットが先週月曜日(7月7日)から3日間で閉幕した。
 G8などと呼ばれているが、中国、インド、ブラジル・・・アフリカ諸国等の参加があり、当初の国連の意思決定を先進国であるG7(のちG8)が補完する目的で設立されたといわれていく久しい
・・・結局沢山の国々が参加した。そのことは裏を返すと、G8には世界的な意思決定は事実上無いという事と裏腹であるといわれてきたが、その通りであったという実感である。

 私の日常生活感としては、車で皇居・六本木・新橋・東京駅界隈を通勤で通っているが、何でこんなに検問と称して、警察官が沢山いるのだろうという疑問
 ・・・こんなに沢山いて殆ど車を止めることが無いが、何を検問しているのであろうか?
    ・・・勿論、後にこの検問のおかげで、北海道サミットに関するテロ事件を未然に防ぐことが出来たというレポートでも出ることがあれば、さすが日本の警察であるという意見になってしまう自分を予想してしまう
       ・・・しかし現時点ではやはりこの東京都心部の検問は、この蒸し暑い季節に検問に当たられた警察官諸氏には慰労をしたい気持ちであることには代わりが無いが、実際上の何かしらの成果は上げることが出来たのであろうか??
          ・・・疑問である!

 そしてYahooなどでは7月11日(金)配信されたニュースであるが、
「(2007年4月)米最高裁が、温暖化の方策を取るようにという命令以前に出した。・・・そのことに関連してアメリカ政府はアメリカ経済の成長を考えると事実上不可能であるという判断を出した!!?」という事が報じられた。

 私自身、マンウォッチングには注意を払っているつもりであるが、福田首相とブッシュ大統領の、サミット終了時の二人の記者会見を見ていて、このサミットは実効が無いものに終わったという事を実感した。
 ・・・それにしてもこの報道、サミットが終わって2日の時間的開きがあったであろうか?
    ・・・今回のサミットは世界をアメリカを2日間ですら抑えることが出来なかったという内容でしかなかったという事を、実証する形となった!!
       ・・・判っていたといってもやはり私にとってはショックであった!

 最大限、友好的にこの報道を解釈すると、珍しく出来ないことは出来ないとアメリカは素直に認め、それを公表したという評価が出来ないわけではない!!?
 報道の内容はともかくも、アメリカの真摯な態度として評価をすることが出来るかもしれない・・・

 世界中の大多数の方と考え方を同じくする私としては、真摯な態度のアメリカ政府の返答ではあるが、もう少しは理性的な面がアメリカにはあるであろうと期待していた自分が情けなく思える報道であった。
 そしてアメリカ司法は、日本の司法より中立性を維持し、その行動力、命令における強制力を期待していた自分であったが、その点でもあらためて私は裏切られた思いがした・・・

 今日は30度をはるかに越える中、東京湾海洋調査をしに行ってきた私としては、この地球温暖化に対する新たな期待を明日、本日の内容と関連付けてご報告したいと考えております・・・勿論、東京湾海洋調査の報告も後日させて頂きます・・・請う御期待!?続きを読む

東京湾の海洋調査に行ってきます!!

6019d766.JPG 今日の東京は非常に暑く、もしかしたら今年初めての猛暑日になるかもしれないそうです!!?
 
 私は地球温暖化に関しては、ずっと心配です!

 約30〜40年前の私が小さかった頃過ごした東京郊外では、夏といっても気温30度を超えると、本当に暑いと思いました・・・そんな日は時々しかありませんでした。
 冷房の機械(エアコン:殆どの家で無かった)も無かったこともあり、30度にもなる日には、ぐったりして麦茶を飲んだ後、窓を開けて茣蓙の上で昼寝をしたものでした・・・
 そしてとても暑い日の夕方には雷がバリバリ鳴って、大粒の雨の夕立が必ずといってよいほど来たものでした
・・・35度などという事は記憶にありません!

ところがどうでしょう!?
・・・14〜15年前の東京都心では気温40度ぎりぎりまで記録し、その日は私は六本木に勤めていて、その暑い中、昼休みを利用して神宮外苑の絵画館までランニングをした記憶があります!!

 今年は今のうちはまだ大丈夫ですが、年によっては6月だというのに夏ばてで体調不良を起こしそうになります・・・!!

 私は真夏の東京でも気温27度ぐらいまでが嬉しいです!!
   ・・・どうにかならないものでしょうか??

 そのような中、東京湾のマゴチ、カサゴ、イカ関係の生育状況と、餌に対する食欲を確認するために明日辺り、調査に行こうかと考えております
   ・・・多分、後日ご報告できるものと思っております!!

湖底の花粉の数が示す地球の温暖・寒冷の繰り返し

56b1690a.JPG 平成20年7月9日の朝日新聞の夕刊に載っていた記事の紹介である。
 信州大学の地質学の公文教授の研究業績である。

 長野県の野尻湖の湖底の土を採取して、約7万年前の旧石器時代から縄文時代にかけて、花粉として針葉樹と、広葉樹、さらに杉の花粉の比率を分析した。その時間の間隔は、今までの考古学では実現できなかったほど、細かく観察をしたものとの事。

 重要なことは、
(1)7万年前からしばらくは針葉樹の花粉が多く寒かった。
(2)しかし急速に広葉樹の花粉の比率が上昇するという時が少なからずあったという事。結構急激に短い周期で地球の気温は変動を繰り返していたという事を示している。
(3)そして縄文の頃から現代にかけては広葉樹の花粉の比率が非常に増えて温暖な気候であるという事。
(4)マンモスの絶滅説に人間の乱獲説があるが、化石によると寒冷を好むマンモスと、温暖を好むナウマンゾウの化石が同じ地域から出土するのを見ても、マンモスの絶滅は気候の変動によるものとする説が有力視できるという事。

 大変重要で示唆に富む研究成果であると思う。

 今年の夏は、北極の氷が消失する可能性が指摘される中、きっとホッキョクグマは絶滅してしまうのであろう・・・

 しかし最も私が危惧するのは、現在の我々が経験しつつある気候変動、地球温暖化は、この研究における現在でも少ないながら存在する針葉樹の花粉の比率が、今後殆どゼロ%になり、更には広葉樹の花粉もなくなっていってしまう、野尻湖近辺が砂漠と化してしまう可能性があるのではないかということである!!
 ・・・そのような時期はこの研究で示された7万年の期間には存在していない!!
    ・・・勿論現在問題とされている地球温暖化は人為的なことある。そしてその深刻さは、最近数万年の地球が経験したことが無いほどの未曾有の温暖化が襲ってこようとしているである!!

発展途上国に地球を崩壊して良いという権利は無い!!               〜〜老朽化した地球という名のマンションに共同生活をする人類の得られる幸せの数〜〜

da7e3aa7.JPG 中国胡錦涛主席の発言と報じられているが、「先進国は今までのCO2排出の責任がある??」
・・・という表現は理屈として成立していない!!

 中国の代表者という立場上このように表現したというのは、政治家としては致し方ない点があるという事は、察して余りある!
 またインドの姿勢としては矢面に立つ発言は控えたいという立場らしいが、恐らく中国と同じような考えを持っているらしい・・・

 この意見を初めて聞いたときには、なるほど現在の中国は、経済成長もある程度達成し、もともと国連の安全保障会議常任理事国として拒否権を持っているし、核兵器も保有しているし、到底弱者には見えない。一方第二次世界大戦後からの経済活動の推移からすると、日本が巨額のODAを出し続けていたり、経済弱国、発展途上国という立場で発言するのもしょうがない
   ・・・だから自国の経済発展は途上であるから、CO2に関して有利な条件で経済発展させてくれ!!
   ・・・というのももっともと思わせるインパクトはあった!!
   ・・・日本やアメリカが沢山のCO2を排出し、地球に対して悪いことをしてきたのだから、我々のみが責任をとるべきだとも思ったりもした!
   ・・・しかし同時に、中国の主張にも身勝手さを十分に感じるのであった!!

 そして良く良く考えて見ると理論的に大きな矛盾のある表現であることに気付く!!

 中国の発言の前提は、地球が崩壊した後でも、中国経済だけは生き延びることが出来るという前提で主張している!!
・・・地球が存在しなくても、中国だけは存在し続け、その反映が続くという事が在りうるか?
  ・・・大きな矛盾があることがわかる!
    ・・・つまり中国はCO2排出を今後も地球規模で増加させたとしても、地球が崩壊することは無いという前提で、そのような主張をしているという事になる!!
 しかし我々?私は、このまま気球温暖化が増悪すると地球は崩壊するであろうと予想しているし、実際にその兆候は十分すぎるほど存在しるし、だからこそ本当に地球は崩壊するだろう、人類は生存できなくなるだろうと危惧している!!!

 アメリカをはじめ、G8諸国といわれる国は、現在全世界のCO2排出量の40%強を排出しているらしい。そしてこれに中国、インド、韓国などを加えると、全世界のCO2排出量の70%ぐらいになるとの事
 ・・・そのため地球環境問題、CO2排出問題を議論し、その抑制を行うためには、これらの国が協力し合ってCO2削減に取り組まなくてはならないというのは、理屈として成立している。
 また中国の主張する過去にCO2を排出したもっとも大きな責任があるという国
 ・・・それは量の問題であるから明らかであるが
    ・・・アメリカである!!

 しかしアメリカも国益という自国民に対する偽善の名の下に、余りに地球に対して無理のある主張をし続ける。
 ・・・ついこのあいだまでは京都議定書の考え自体を無視する立場
    ・・・今回のサミットでも具体的なことに踏み込んで実際的なことを提案もしなければ、実行しようともしない立場である!!
       ・・・そんなアメリカは他の国々から経済的ならず者国家と評されるに値する!!

 一方日本も、先日私が当ブログで書いた、「秘密裏の小泉元首相と経団連の約束があった」という事であれば、実際的にはアメリカと同じ事をしている
 ・・・CO2削減などしようと考えてもいないし、実行もしていない
    ・・・中途半端に京都議定書を批准するなどとリップサービスをしている分だけ、アメリカよりも悪質といわれてもしょうがない!!世界的な偽善国家である!!

 ところで地球温暖化の問題の本質は、例えるなら老朽化した共同住宅(マンション)での共同生活のようなものではないか?

 それぞれの部屋の住人は、部屋のサイズも違えば、部屋の使用頻度も違う、部屋を使っている人の数も違う、部屋に溜まった荷物の量も違う
 ・・・この地球という名のマンションは老朽化が進み、住民の数や荷物には限界がある。
    ・・・今までのように住人が生活を続ければ、住民が出し続けたCO2という荷物の重量や、住民自身の数が増えるという事による重量オーバーで、非常に近い将来、このマンションの柱は荷重に耐えることができなくなり、倒壊する危機に瀕している
   ・・・このマンションは構造上、柱自体を補強することは出来ない
     ・・・住民の数や住民の荷物を減量できないときには、壊れてしまって誰も住めなくなってしまうのである!!

         ・・・さて住民は何をすべきなのか?

続きを読む
記事検索
Archives
にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ
livedoor プロフィール

kayash

不愉快なことが沢山あるこの日本!!今までは漠然と不満を持っていた自分!!しかし2008年5月4日からこのブログを初めて、自分が感じている不満をもっと具体的に他の人に伝えるにはどうすればよいのだろう??と考え、何かと調べてまとめることを続けてきました!!・・・そして大分具体的に自分の価値基準を持つ事が出来たような気がします!!・・・これからも『焼酎』(米、球磨焼酎)、『九州』(熊本、宮崎、鹿児島など)、『日本や世界』の『政治、経済、文化、スポーツ、観光、事件』について私の考えでコメントしていきます!!・・・よろしくお願い申し上げます

livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ