焼酎と九州

九州って、こんなに良いところが沢山あるよ!! 初めての錦江湾、姶良(重富漁港)沖で大きな真鯵を沢山釣ったとき、数年ぶり??で桜島が噴火しました!!!・・・しかも2回も!!(2008.4.27) 私も噴火したい気持ちになりました!!!

通潤橋  〜〜奇跡の石橋〜〜 (熊本県上益城郡山都町)

715b0c34.JPG この石橋を初めて見た人は一様に驚くと思う。
何で川の上にかかった石橋が、噴水のように水を吐くのだろうか?
俄かには理解できないと同時に、非常に美しい建造物でもあり、印象に残る石橋である。

しかもこの橋は1854年に、個人的な事業として行われたというのであるから、この橋を造った布田保之助(ふたやすのすけ)という人はすごい人であったと思う。また石で水を通す管を造って橋を渡らせたという技術者(石工)の丈八(じょうはち)という人の高度な技術にも感嘆する。しかも目的は、荒地で作物も出来ない台地に水を引く事により、貧農の生活を楽にさせたいという気持ちから、このような大土木事業が行われたというから泣けてくる。



通潤橋220070816通潤橋420070816通潤橋520070816続きを読む

人吉花火大会

6db95c60.JPG 毎年8月15日に行われている。いわゆるお盆の花火大会である。
 母の実家(湯前町)やおばさんの家(錦町一武)は、人吉ではなく、その周辺の町であったため、時々何かの用事が無い限りはなかなか人吉に行く事はなかった。私が幼少の頃は、この辺りは道も悪く、殆ど舗装もされていなかった。しかし子供心に思った事は、「人吉は大きな街だな!球磨川に立て続けに3つも橋が並んでかかっている!!」であった。その3つの橋とは、球磨川の上流から「水の手橋」「大橋」「人吉橋」であった。
 通常は、水の手橋と大橋を主に、仕掛け花火は仕掛けられたし、打ち上げ花火もその間の場所から打ち上げられた。しかしここ数年は大橋は架け替えのために使うことが出来ず、主に水の手橋を用いて花火大会は行われていた。
 人吉に住んでいない人も、この日ばかりは周辺の宿に泊まる準備をしたり、旅館やホテルの夕食を楽しみながら花火を見に来たりする。非常に華やいだ一夜である。
 4500発の花火が打ち上げられ、田舎の割にはその迫力といい、数といい、結構豪勢な花火大会である。熊本は、東京よりも1時間ぐらい日がながい。19時といっての結構明るいが、その頃より徐々に花火大会は始まり、21時過ぎまで続く・・・熱く長い夜である。
 花火大会が終わる頃、各家々は鐘楼を流し、先祖を見送る。
 そして花火も終わり、いつもの薄暗い夜に戻った街でふと気がつく。頬を過ぎる風は、今までとは違い、少しだけ涼しさを増した!・・・今年の夏も終わった!・・・という感覚になれるのである。

 今年は第54回の花火大会となる。

芦北(天草の近く)のシロギス大きいです!!

24a0f3b7.JPG 熊本県人吉市は、周囲を高い山に囲まれた盆地です。周辺の町に出るには国道219号線で、球磨川に沿って八代方向へ向かっていくという道、また反対に球磨郡湯前町(私の母の実家の町)を通り、九州山地を越えて宮崎県西都市へ抜ける道。また南の方へは、加久藤峠を超えて、宮崎県えびの市へ抜ける道と、鹿児島県大口市へ抜ける道が、主な道である。数え上げると沢山あるような気もするが、古くは命がけで通らなくてはならないほど険しく酷い峠道であった。最近では、それらの道も舗装され、天気がよければ飛ばすことも出来る。また九州自動車道が10数年前に開通したというのも、この人吉の交通の便を更に良くした。
 それらの道で、国道219号線を八代方面へ走り、球泉洞の先を左に曲がると10km位で芦北・水俣方面へ抜ける事ができる。距離的には約30kmと人吉から最も近い海である。
芦北の釣り420070815芦北の釣り320070815芦北の釣り220070815続きを読む

都農神社〜〜日向一ノ宮〜〜

4e17cfa0.JPG 宮崎県児湯郡都農町に日向一ノ宮である都農神社がある。ご存知の方もいらっしゃるかとは思うが、宮崎というところは神の国である。この町は、父の先祖が昔から住む町である。系図上は数十代遡って私には先祖がいる事になっている。そのため私は神道(しんとう)である。今でも従兄弟は、国道10号線のバイパスで洋品店を営んでいる。
 この神社は、小高い丘の上にある広い神社で、神社の中に幼稚園があったり、沢山の動物を飼っていたり、大きな池があったり、さしずめ小さな動物園の様でもある。その都農神社は、本殿を建て直しており、昨年の夏に行ったときには新しい本殿が出来上がっていた。

都農そば20070812カヤシマ20070812続きを読む

不気味な二つの事件〜〜頑張れ警察!!〜〜

 ここ数日盛んに報道された犯罪のニュースの犯人は、大阪の連続して包丁で人を切りつけた犯人と、東京(江東区)の隣家の女性を拉致・殺害・死体損壊および遺棄事件の容疑者である。しかし一方でこの事件の影になってしまった感のある、舞鶴や名古屋の女子高校生殺人事件などの沢山の未解決、不可解、凶悪事件には枚挙に暇がない。
 ・・・先の二つの事件は特殊な事件であると思う。現実は小説よりも稀なりなどと表現されるような意外性だけではなく、出来れば聞きたくもないような残忍性の高い事件でもある。
続きを読む
記事検索
Archives
にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ
livedoor プロフィール

kayash

不愉快なことが沢山あるこの日本!!今までは漠然と不満を持っていた自分!!しかし2008年5月4日からこのブログを初めて、自分が感じている不満をもっと具体的に他の人に伝えるにはどうすればよいのだろう??と考え、何かと調べてまとめることを続けてきました!!・・・そして大分具体的に自分の価値基準を持つ事が出来たような気がします!!・・・これからも『焼酎』(米、球磨焼酎)、『九州』(熊本、宮崎、鹿児島など)、『日本や世界』の『政治、経済、文化、スポーツ、観光、事件』について私の考えでコメントしていきます!!・・・よろしくお願い申し上げます

livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ