551870ec.JPG 昨年、熊本県知事が反対したことにより、決着した筈だと私は思っていた。
 それが再び、『中止だ』『9割がた中止だ』などと報道されている!?

 何で何十年も過去を引きずり続けるのであろう??
 これでは先に進めないではないか!!

 また環境破壊に関して、亡義父は、『川辺川ダム建設現場』で話してくれたことを思い出した!
 「・・・ここは地盤が弱かけん、粘着力の強かコンクリートを使かっとるそうですたい。(相良村の川辺川ダムの基礎を指差して)そのコンクリートが悪かとだそうです。ベトベト石につき、鮎が食べる苔ば、生えんごとすっとだそうです・・・」

 もともと口数の少ない義父が説明してくれた。妙に説得力があるように聞こえたことを思い出した!!

 そして最近の、トノサマカエル、メダカ、ザリガニなど多数の川辺の生き物が絶滅の危機に瀕している!!
 その理由は私には、コンクリートを沢山使って、過度な護岸をやりすぎているからであるように思えてならない!!
 そして球磨の田舎に行っても、蚊が少なくなったこと
   ・・・町から本来あった匂いが消えていることに違和感、危機感を覚えます!!