fe98b9c2.JPG 日本の教育、特に義務教育の荒廃が指摘されてから久しい!
 槍玉に上がるのは、勿論馬鹿げたネーミングの『ゆとり教育』!!

 勿論元凶は、ウィキペディアなどを見ても『日教組』という事になる・・・
 私が公立小学校の小学生であった頃、日教組の先生というのは、時々腕に腕章を巻き、事業をボイコットしていた!
 そしてその権利の主張のようなことをやっているように見えた・・・

 私が小学生の頃は、確かに小学校でも、今よりましな授業をやっていたように思える!!
一方で日本をダメにしたいという考え方を明確に持っているとしか思えない日教組・・・

 私が小学生の頃の年配の先生は日教組に属していらっしゃらない先生も多く存在した・・・彼らのおかげで、我々の世代は、その被害を少なくすることが出来たのかもしれない!

 私の恩師の古◎先生
   ・・・日野市立日野第六小学校(東京都)
 5年生と6年生の時の担任・・・
 私は年配の古◎先生に教えてもらって、ラッキーであったのだと思う!!
 なのに一度も、小学校の同窓会をしていない・・・
 『私は何と出来の悪い教え子なのだろう』と、時々良心の呵責を感じている・・・

 罪滅ぼしに4〜5年前にお会いしに先生宅にお邪魔した時には、先生もかなりお年を召されていた・・・

 その先生に、私は伝統的な日本の精神を教えていただいたような気がする・・・

 それはさておき
   ・・・最近の小学生・・・円周率は『3』
   ・・・最近の高校生・・・アボガドロ数は『6x10の23乗』

 これでは、数学のロマン、化学のロマンに迫っていかないように私には思えるし・・・我々の後輩が、日本を担っていく際に、これでは我々を追い越すことが出来ないと実感できた!!

 これでは日本の未来が危ういと、私は危機感を覚える!!

 それを危惧する親世代が、自分の子供の学力を自分らと同等のものにするために、毎月毎月5万円とか10万円の費用を、進学塾や家庭教師代として捻出している!!

 そしてやがて、そんな家庭も金銭的な行き詰まりを自覚するようになっていくのだろう・・・!!

 日本の教育の荒廃がもたらした、日本社会のデス・スパイラル・・・