20090812都農港420090812都農神社320090812都農港8




 『10年ひと昔・・・』

 という言葉をよく耳にします!!
 これは、簡単にいうと10年も経つと、人間や町は、時に成長し、時に衰退し
   ・・・結構大きな変化が起こったことがわかります
      ・・・という意味である!

 大変残念ではありますが、私の父は約14年ほど前に、肝臓癌で他界しました・・・
 当時の私は、医者ではありましたが、主に基礎医学
   ・・・医科学の研究
      ・・・をしておりました!
 つまり医師免許は持っておりましたが、どちらかというと、患者相手というより、ネズミ相手の医者でした・・・
 そのため自分の父は肝臓癌のハイリスク患者であったため、私の知っている肝臓の専門家の診療を受けさせておりました・・・

 しかし父が体調を崩した時に調べてみると、末期の肝臓癌に罹患していることを診断するのに、未熟臨床医の私にとっても、それほど多くの時間は必要ではありませんでした・・・
 そして父は3ヵ月後に、他界しました・・・!!
 肝臓の専門家の診療を受け、担当医を信頼しきっていた父は、自分の体調が悪いのは、肝臓ではなく、胃か、その他の臓器の疾患であると思い込み、私の父の肝臓についてのほんの少しの説明すらも、受け付けようとはしませんでした・・・
 当然、治療手段の無い状態で診断された父
   ・・・病気の本当の状態を、告知するという事は私には出来ませんでした・・・

 その父の病床で
 「お父さん、今回は大病しているけど・・・頑張ってね!!」
 「・・・ああ!・・・今度は気合で乗り切って、あと10年ぐらいは頑張らないとね〜〜!!」

 当時の父は1ヶ月ほど、肝臓癌と腹水で、お腹が膨隆してまともに食事を取れていない状態でした
   ・・・都農の海、神社は、そんな父を身近に感じる場所です(宮崎県)・・・


 勿論、今まで沢山の患者さんを看取られていただいた私は、
 『10年』という言葉に、自分の『永遠』の可能性を載せて、お言葉にされた患者さん達のエネルギーや記憶を、今に繋ごうと微力ながら努力して参りました・・・

20090812カヤシマ220090813市房37市房ダム20090812都農駅1