79a8c743.jpg まず大前提についてであるが、人間は情報を必要とするか・・・??

 という問題であるが、通常は、集団でしかも、ある程度の広がりを盛った地域に生活する以上、人間にとって情報は必要不可欠である!!

 つまり情報は、知っている人は知らない人よりも、損得勘定で得をするという事は、自明である。細かいことを言うと、特別なネガティブなことを除いては、常識的には、情報は知ったもの勝ちである!!


 さて最近は、新聞を初め、書籍など、紙を媒体とした情報から、一般国民の関心はかなり遠ざかってしまったといわれて久しい。

 勿論、それに関連する業界・・・新聞、出版、製紙、印刷、書籍の小売等の業界は、右肩下がりである。

 しかし一方で、一般国民は何から情報を得ようとしているのか・・・?

 今更いうまでもないことではあるが、それはテレビやラジオ
   ・・・そしてコンピューターを介した、インターネットである!
   ・・・さらにそれが、携帯電話でも可能となってきている。
 
 しかし、今日のような祝日。・・・いつもとは違った時間が取れる日に、私はたまたまじっくりと新聞を読むことが出来る。

 そして思った。

 『新聞は楽しい!!』

 またこんな事があったのか!?
何でそれぞれの記事で、こんなに背景があったのか!?
非常に短時間で理解できる!!

 新聞は、大変役に立つと改めて感心した!

 勿論、新聞には新聞なりの問題点もある!
編集者の意図が反映されているので、鵜呑みには出来ない。
・・・また毎日の記事が膨大で、読むのに時間を要する。
・・・新聞自体の紙が環境破壊か?
・・・届けられた新聞がかさ張って、狭い家には置き場に困る・・・

 しかし最も大きな新聞の功績は、皆が新聞を読むことによって、共通の価値観を築く手助けをしている事!!

 自分の住む社会について、かなり詳しく、自分がそれぞれの場所に出向かなくても、深く理解する手助けになっているという事。

 その社会とは、自分の住む世田谷区だけに留まらず、東京、関東、日本、アジア、世界、地球、宇宙へと、総ての地域を網羅しているという事!!

 つまり、2010年の今に生きる自分の住む世界の、価値観、科学、文化を示してくれている媒体であるという事!!


 とても楽しい新聞・・・
 毎日じっくり読める生活がしたいものである!!