6dfead69.jpg 日本の政治家には、我々は何を求めればよいのだろう??
   ・・・普天間問題の後の、社民党の政権離脱を目の当たりにして・・・!

 末期的な疑問である!!

 
 最近、数年前より、私は日本の政治と経済が心配すぎて、必然的に感心を持ち始めた・・・!


 しかしまともらしきこと・・・
 もしかしたら、小泉前首相の電撃的 北朝鮮訪問と、拉致被害者の一部を帰国させたことだけ・・・
 かも知れない・・・!

 その後は、阿部内閣、福田内閣、麻生内閣・・・
 自民党から民主党に政権交代して
   ・・・鳩山内閣・・・

 まともとな事は、何かしたのであろうか??


 そしてこのような意志薄弱な、統合失調的な内閣を目の当たりにして、日本の政治の問題点は、日本人固有の発想に問題があるのかもしれない・・・??
とすら思えてくるのである・・・!!


 日本人は、組織の大小を問わず、結局自分が頭である!!
と現実にそぐっていないとしても、自分を主張しすぎるのではないだろうか??

 『船頭多くして、船山に登る!』

 多分、日本という国の、政治経済的な座礁は、不可避と考えない理由が見当たらない・・・!!