4860031d.jpg 国と国は、大喧嘩をすれば、二度と仲直りは出来ないのだろうか・・・?

 中国問題は、多分に多彩で、神経質な問題、多様な価値観の交錯を感じる。
 そのため、私は中国問題は考えようとしても頭が痛くなるだけ・・・!
 とんでもない価値観でも認められ、既成事実化される土壌がある・・・!
 と感じてきた。

 勿論、日本でさえ、価値観は多様であり・・・
 日本の政治家、思想家、国民においても価値観は、実に多様である!

 そして基本的に、世界各国で、経済的に満ち足りていると思われる国は、アメリカは勿論の事
   ・・・何処の国も金銭的には窮乏している!!


 今回の『漁船衝突事件』に付随した一連の出来事・・・
 当初、中国政府は、短期間に10万件以上のインターネットによる書き込みがあったから、政府としても対処しなくてはならないと判断した!?
 といった大義名分的な情報があったような気がする・・・

 しかしこの件数・・・

 最近の物質的に恵まれてき始めた中国・・・
 インターネットをしている人の数は、うなぎのぼりのはずである。
 日本においては人口比でいうと1万人規模(0.01%)という事・・・
 大した反響ではないような気がするし・・・
 それを政治問題化した中国の政治家には、いくつかの思惑と、責任がある!!

 また貿易上のレアメタルなどの禁輸的な措置・・・
 これは『宣戦布告』とほぼ同義とも受け取られかねない行動・・・

 では本当に、日本の領海であろうとなかろうと、わざと船をぶつけた相手がいて・・・
 日本が相手集団を拘束し、その後の中国政府の要求に超法規的に配慮して、船長という一人以外を釈放し・・・
 単に一人だけ、船長を拘留しているという事実に対して、中国政府は更なる超法規的処置を求め、威嚇し、戦争も辞さないという態度・・・!!

 『常識では、理解したいと思っても、理解の仕様が無い!!』
 この様な行動を何で中国政府関係者は取ることが出来るのであろうか??
 私にはどうしても中国国民民意とは大きく乖離した政府関係者の価値観があるとしか私には思えないのである!!

 そして我々が注意しなくてはならないことは・・・
 今回の一連の政府の反応は、非常に短絡的で感情的で激烈ではあるが・・・
 ある種の民意を政府が利用し、過敏すぎる反応をしているとしか、今を持っても私には思えない・・・!

 つまり日常生活で接することがある中国人・・・
 彼らが全員同様の価値観で行動しているかというと・・・
 殆どそのような事は無い・・・
 善良は中国人が殆どなのではないか・・・??

 何故なら、第二次世界大戦で300万人もの同胞を、主にアメリカとの戦いで失った日本・・・
 それでも終戦直後から、アメリカとの関係は、決して悪いものではないではないか・・・!!