ed7ec497.jpg 本当に深刻である!

 なまじ日本が経済発展したから、逆に「高齢化社会」の問題はクローズアップされる。


 税金などの金銭的な問題だけではありません。


 今、全国の病院では、「家族の崩壊」も多く見られ、しかも患者が超高齢化するという背景があり・・・
 病気というよりも、老齢から来る身体的な変化・・・
 そしてその患者を手助けしてくれる次世代が居ないとか・・・
 同居してくれる人すら居ない、独居の状態・・・
 そして患者自身は、自分自身の賄いすら出来ず・・・
 ・・・
 賄いが出来ていない自分自身を認識できない・・・

 病院に来ても・・・
 何で自分が病院にいるのか理解できず・・・
 自分が何処にいるのかも、認識できない・・・
 当然帰る場所が見つからない・・・

 例え自分のタバコの火の不始末で、自分が火傷を負ったとしても・・・
 自分がタバコを吸ったという記憶が無い・・・
 周りにいる人も、この患者がタバコをすったらどうなるかも理解できず・・・
 火事になっても、起こっている事が理解できず・・・
 恐らく重症をおったり、焼死をされても、自分との関連が理解できない・・・

 正気であるはずの我々も・・・
 これではいけないと分っていても・・・
 どうしていいのか分らない!!

 そして沢山のご高齢の方は人知れず、一人住まいの自宅でなくなり・・・
 日常茶飯的に、しばらくたった状態が発見されるようになる!!
 沢山起こる火事の、増え続ける割合の理由として、これらの方の火の不始末が原因であると我々は認識するようになり・・・
 それが今の日本の状態であると一般的に認識する社会になる・・・!!!??