9bc724f5.jpg 東日本大震災の時、海中の音を録音していた研究者が北海道にいらしたそうである。
 地震が起こったとき10Hzぐらいの低周波の音波で、普段は無い音が発生したそうで、その音は人間には聞こえないのだそうである。

 そしてニュージーランド辺りや、日本でも、時々地震の前に、くじらや深海魚が、普段とは違って打ち上げられるらしい。

 その説明としてはっきりしたことは判っていないのだと思うが・・・
 鯨の耳は、この低周波の音を聞き取ることが出来るそうである。

 そして自身の前から、きっとこの変な低周波の音は海中でしていて・・・
 それに驚いた鯨は・・・

(1) 陸地に逃げようとする?
(2) 海の中の方向感が無くなって、陸地方向が安全な方向であると錯覚してしまう。
(3) その他

 私が軽々に言及できることではないにしろ・・・
 鯨の一部は、命を堵して打ち上げられることになっているという事である。