e9429eef.jpg 最近のネットの評判で・・・
 『平 清盛』『松山ケンイチ』は視聴率も低くて、暗い雰囲気でひどい作品である。
 との批評が多いような気がしている。

 しかし時代考証は正確か否かは重要な問題であるし、史実を大きく変えた脚本は問題であるものと私は危惧はします。
 しかし平安時代末期の、当時の文化的背景や、無力な人間・・・
 情報など非常に限られた世界での、正常と異常の境目の混沌・・・
 一方で感情を持つ人間の、現代に通じる感情の波や、感情の縺れを絶妙に表現できているように私は感じます。

 という意味では、日本のドラマとしては、見ていて質の高さを私は感じます。