20120408最高裁判所220120408最高裁判所320120408最高裁判所4








 今年のサクラは、いつものように素晴らしいサクラである。

 またサクラという花は、国花である。

 そして自衛隊にいたときの階級章などの一見星に見えるやつは、サクラです!


 最高裁判所・・・
 勿論、日本の司法の頂点。
 しかし人の組織する一組織に過ぎないといえば・・・
 そうでしょう・・・!

 最高裁判所裁判官の間でも、イデオロギーの違いがあり・・・
 裁いている案件は、憲法に関係する崇高なものから・・・
 法律には関係するが、枝葉末節な物まで、玉石混合・・・
 そして裁いた結果も、「人生いろいろ」といった印象を個人的な案件含めて、実感する。

 一方三権分立の、ほかの組織・・・
 立法の国会:長年にわたり、悪い冗談のような立法にすら至らない暇つぶし・・・
 行政の内閣:民主党という党自体が、一党組織とは思えない支離滅裂・・・

 だったら司法も推して知るべし、というのが現実でしょう!?

 しかし何故か、もう少し司法には期待している自分がいます!!