9584d20c.jpg まず第一に、発電に使った後の核廃棄物の処理問題!
   数万年の半減期の廃棄物等を、地中深くに埋めてしまえば済むのか?そのためのコストと安全性は??
   現在、巷で言われている、発電コストは、最も安いといっているが・・・
   一度発電して、その後何万年だか、それ以上数百万年だか
  ・・・廃棄物を安全に保管する費用を到底計算しているとは思えないと言う事!
   つまり、非常に高くつくコストであるということ。
   クリーンエネルギーなどと言う言葉で、二酸化炭素排出量のみを対象にして、その様に名づけている印象があるが、原発は一度事故を起こすと、人類の命や、遺伝子に対して大きな障害を起こし、取り返しが付かなくなる可能性が高い。
   また今後、100年単位で考えても、もはや日本には、原発の建設が出来る用地は無いであろうという事・・・つまり原発に頼りたくても、物理的に不可能な時期が来るのは、それほど遠い将来ではないと言う事。


 その他沢山の、大きな問題がある。

 にもかかわらず、日本の為政者たちは、原発を推進すると言う目先の利益を追っていいのであろうか!!
 一部の経済評論家は、『原発賛成』と公言していいものであろうか!!?