a9b366ee.jpg 中途半端な私の思考に基づくコメントですが・・・
 (もと母校の校長先生の著書を読んでいる途中で、感じたことです。)

 自由な発想を、やる気をもって行う事が出来たら・・・
 とっても素晴らしいことができるような気がする。

 しかし一方で・・・

 先生曰く・・・
 自由とは、人に迷惑や危害をかけない限り何をしても構わない!
 
 という事。だとしたら・・・

 ・・・という事は実生活上、どのような事であろうか?
    我々は、子供の時も、大人になってからでも・・・
    結構 自由にされる方は多いと思うし・・・
    もしかしたら、ほとんど皆さんは、自分の自由意志、自分でしたいことはしっかりするが・・・
    してほしい事や、したくない事は、依頼をしてもことごとくしていただけないような気がする。し体験してきたような気がします。
    そしてそれらの人たちの自由意志を尊重すると、誰かが大きな迷惑を被っている、という状況はしばしば経験します。・・・つまりこれは自由ではない??
    結論的には、すべての自由という行為は、誰かの迷惑・不自由を前提に成り立つ!という事ではないでしょうか?


 また
 『やる気』・・・

 に関しては、『やる気だけ旺盛で、どうしようもない奴!』はしばしば経験しますし・・・
 『やる気のない、どうしようもない奴!』と感じる人も沢山いるような気がします。

 ではこの両者のどちらがいいのか?

 この議論は、他者も説明されている事かと思いますが・・・
 通常は『やる気があって、どうしようもない奴!』の方が、職場などの現場では大きな問題となるようです。


 では・・・

 『やる気のない奴』の『やる気』に関して・・・

 それをもしも『やる気』にできたら!?

 すごく素晴らしいと思うし・・・

 もしかしたら『教育』『education』という言葉の意味は・・・
 その人その人の『才能を掘り起こす』事という意味があったような気がしますが・・・
 『やる気』は掘り起こしてはくれないのでしたっけ??