P1000019 日曜日は、好き好んでみているというほどのファンではないし・・・
 所詮 マスコミの代表の番組なので、心してみないといけない!・・・
 と思いながら見ている番組の一つですが・・・

 7月28日の放送は・・・
 何となく知っている人が出ていないという点で、あまり期待していなかったのですが・・・
 実際見ていて、非常に興味深かったです。


 今回の参議院議員選挙や、その背景についての話でしたが・・・
 投票率はやっと50%を超えたぐらいで低調であった。
 投票に行った人の平均年齢は60歳代であった。
 若者が投票していないという事!
 選挙は 我々国民が意思表示(民意の表明)できる非常に重要な機会である。
 一方で、我々は投票するという行為で意思表示をしても、世の中が自分らの思っているように改善してこない。
 特に若者にとっては、「働けども 働けども 裕福にならない!」・・・
 物質的には有り余っている日本においてである!!

 ここで起こっている現象は・・・
 政治家に対する不信感は醸成されている感は以前からあるが・・・

 民主主義に対して不信感を抱かざる得ないほどの、社会的には行き詰った状況にあるという事である!との表現・・・

 私自身は、そのようには認識はしていなかったが・・・
その通りだと感心した!!