8808d89d.jpg 6月24日の夜のニュースなどを見て感じました。
 実際にイギリスがEUから離脱するという時期は、2年以上はかかりそうである。との事。

 また・・・
 今までのEUとの協定や条約? その他の国との協定など、沢山の取り決めがある。
 それを個々に修正する必要があり〜〜〜

 また離脱推進のリーダー的人の発言としても、EUとの関係は今後も密接にとらなくてはいけない。などとの事。

 一応に、Brexit shock ! であったわけですが〜〜〜

 為替というのも、現時点でのGDPや 貿易収支や その他の財政政策等を含めて変動する物。
 だとしたら、イギリスのEU離脱だけで、それほどイギリスが経済的不利益を被るのか!?
 その関係で、どれほどその他の国が経済的不利益を被るのか?

 あると言われてきたけれど〜〜〜意外と少ないような気もしますし・・・

 名目「イギリスはEUではない」と言われる状態になっても・・・
 実質、あまり変わらないという状態。もしくは逆にイギリスもEUも色々な面で良い事が出現してくる可能性すら考えられるような気がするのですが・・・