IMG_2274 伊弉諾尊(イザナギノミコト)
 伊弉冉尊(イザナミノミコト)
 素戔嗚尊(スサノオノミコト)(須佐之男命)

 の3人の神様が降り立ったのが、神倉神社のゴトビキ岩。(和歌山県新宮市)

 その後、伊弉諾尊は 熊野速玉大社に祀られ
     伊弉冉尊は 熊野那智大社に祀られ
     素戔嗚尊は 熊野本宮大社に祀られた。

 この基本的な関係を念頭に、その他の神様も祀られてはいますけれど・・・
 ご理解されると良く判るという事に、最近数日勉強してわかりました。

 ちなみに熊野那智大社の近くの飛瀧神社には 大国主命が祀られています。

 だから熊野三山は、最も古く、日本の神様の始まりである。

 だから凄いのである。〜〜〜と理解できました。

 日本の神様は、沢山いて、その関係が複雑でなかなか理解しにくいです。
 参考までに、少しわかりやすい系図を引用しました。