コウちゃん20170701 人や組織、国は、相手に勝とうと目論んだ時、
 もはや話し合いでは解決しない事をしばしば経験する。

 その大きな理由は、相手より自分の方が勝っているという状態にしたいからである。

 国同士でも、大国に挑む 小国は、話し合いで大国よりも勝っており〜〜〜
 優位な立場であると、大国が認めるといことが認めるような話し合いであれば・・・
 小国も納得するだろう。

 しかしそのような話し合いに大国が応じる筈がない。

 ・・・
 ・・・

 日本とアメリカの戦いは、日本への石油の輸出をアメリカが止める。
 これだと、苦しくて 困るだろう!?〜〜〜どうだ!? 参ったか!?

 と散々いたぶられての、当然の開戦。

 ・・・
 ・・・

 北朝鮮とアメリカ、もしくは北朝鮮と日本の対峙はどうだろう。
 核開発するなら、拉致被害者を返さなければ 経済的に首を絞めるぞ!
 困るだろう!? どうだ!?

 と交渉している間に・・・北朝鮮は核兵器を保持する事に成功した。

 〜〜〜最初の条件からすると、経済的圧力をかけたけど、それほど困らなくて・・・
    北朝鮮は結果を出してしまった。

    もしくは核開発が出来る条件の範囲内でしか交渉していなかったので〜〜〜
    交渉自体が失敗に終わっていた。
    それを日本、韓国、アメリカが気が付かなかったという事実があったという事。

掛けきることが出来なかったという結果です。
 
 交渉すべき段階は、すでに通り越しているように見えます。


 核兵器を持っている国同士の対立は・・・
 戦争をすれば、核兵器を使うという前提になります。

 では〜〜〜戦争をすることなく、北朝鮮に核兵器保持を諦めさせる方法は・・・???