月下美人20200711-1(2019夏過ぎに中国、武漢辺りではCOVID-19らしき患者が発生していた可能性がある。)
 2020.1 中国武漢辺りでCOVID-19らしき患者が沢山確認されていた。
 2020.2 中国の春節でも、日本政府は中国人の入国は制限しなかった。
        Diamond Princess号の船内感染が問題となった。
        我々医療従事者は、PCRに立脚したコロナウイルス感染症者の診断が急務であると力説したが・・・日本政府は、国民の声に欺くような言動を繰り返しPCRについては力を入れず・・・
        当時、全く理解ができないGo to キャンペーンなるものに、莫大な予算を計上した予算案を作成した。

2020.4 損失補填的な税金手当を含む、休業要請を日本政府は行った。
2020.5 コロナウイルス感染者数は、大きく減少した。
2020.6 コロナウイルス感染症者数の上昇とその由来が、(新宿を主とした)(休業要請を守らなかった)ホストクラブが関係していると判断した。
2020.7中旬 コロナウイルス感染者数は、休業陽性前以上に増加してしまった。
       同時に、全国的なGo toキャンペーンは出来そうもなくなった。
       〜〜〜このキャンペーンは、あまりにも稚拙なサル知恵の政策で、前提とならコロナウイルスのコントロールに関して政策と見通しが無いまま、その後について莫大な税金をつぎ込んでいる!〜〜〜心ある子供からも馬鹿にされる政策である。
       〜〜〜当然であるが、この政策に関与した政治家は、無能なので辞任してほしい

 つまり、もとはと言えば 中国に問題があり、日本政府の対応にも問題があり、日本社会はコロナウイルス感染症により、大きなダメージを被った。
 そして国や東京は今までかけてきた何兆円ものコロナウイルス対策費用は、結局ホストクラブなどにより、無にされたといっても過言ではない経過をたどってきた。

 それぞれの人たちには責任がある。
 しかも金銭的にも、人名という意味からしても、非常に大きな責任がある。
 〜〜〜そういう言い方をするな!と当事者が行っている様であるが、それでは済まされる問題ではないのではないか?