焼酎と九州

九州って、こんなに良いところが沢山あるよ!! 初めての錦江湾、姶良(重富漁港)沖で大きな真鯵を沢山釣ったとき、数年ぶり??で桜島が噴火しました!!!・・・しかも2回も!!(2008.4.27) 私も噴火したい気持ちになりました!!!

2010年09月

中国を通してみた国際社会の実像                                          Prompt and necessary strategy for Japan against uncommon countries like China

9754d1ad.jpg 今回、中国という国に人格があるのなら、人間で言うなら全く常識を欠落した人格を感じた!

 1980年の天安門事件では、その人権についての疎かさが明確に示され・・・
 その後の、チベットやダライラマに対する態度、新彊ウイグル地区に対する態度・・・

 今回の尖閣がらみの事件で、我々日本人も、自分の身に降りかかってきたから・・・
 という認識では、いかにもお粗末であるが・・・
 物の所有権という意味では、最大の領土という問題・・・
 西沙諸島、南沙諸島問題
   ・・・中国は近隣国に本当に酷い仕打ちをしてきたものとお悔やみ申し上げたい!
 隣家に対してさえも、盗人同然に上がりこみ、土足で汚し
   ・・・奪っていく
   ・・・とんでもない事を国際社会でやってのけてきた中国!

 しかも、これら一連の悪事は、国内では
 『英雄として』賞賛されるべき行為として崇め奉られている!!

 国内の土地については、国民に所有させず・・・
 中国共産党
   ・・・なる周辺諸国との『共産』などという考えなど全く無く、自分さえよければ良いという考えの集団!
   ・・・そんな集団の『一党独裁』!!
 しかも国策を議論する国会が無い国!!
 少数意見であると考えられるものは、何の躊躇も無く、葬り去る国!!

 中国の是正が企られない限り、この国は国際政治の場において、他国と共通の価値観を共有して話しをする資格を有さないものと考える!!

 また人間においても同様にしばしば遭遇することであるが・・・
 そういうものほど、自分勝手に対話をするチャンネルを閉じ、殻に籠る!!

 そんな国が、何で『国連の安全保障理事会で拒否権を持つ常任理事国』であり・・・
 『核保有国』でありうるのか・・・!!!???

 早急なる是正が必要であると思う!!!



 一方でわが国 日本も、国際社会ではこの様な国が実在するという事を踏まえて、今まで通りの事なかれ主義的な、怠惰な態度を改め、ある意味中国流の防衛・政治・経済の再構築が急務である!!



少年老い易く、学成り難し                                          The young to be easily older, and difficult to be intelligent !

79be356a.jpg 小学生の頃は、よく諺を覚えたものである!
 しかし最近は何かとパソコンのワープロソフトを使うので、その漢字すら忘れてしまうことが多い!!

 そこでふと・・・
 「時間が経つのは早いもんだな〜〜 コウインヤノゴトシ!」
 漢字だと・・・

 パソコンで調べてみた・・・
 するとその下に

 「少年老い易く、学成り難し!」

 というのが出て来た!

 『さすが諺』

 痛いところを突かれてしまった驚きがあった!!

尖閣諸島の中国の非常識な態度について                                         Conflicts on Senkaku islands, especially on the bad attitude of China !! 

4110dab2.jpg 朝のテレビを見ていて教えてもらった。

 『尖閣諸島は日本の固有領土である』
  現時点でも、灯台があり、その管理を日本が行っている。
  1972年に沖縄をアメリカから、日本へ返還された。その際、尖閣諸島もアメリカから返還された。
  第二次世界大戦の後に、沖縄がアメリカに占領されていた歴史はあるが、その前には日本人が尖閣諸島(魚釣島)には多数住んでいた。一方、中国人が住んでいた事は証明できない。
  現在も日本の沿岸警備隊が治安の維持に努めている。
  その他・・・
   
 『尖閣諸島は日本のものであると中国人は認めている』
  歴史的に、清国の時代、中国の船が遭難した際に、尖閣諸島に住む日本人が救命・救難援助をし、その事にたして、中国は尖閣諸島の日本人に対して感謝状を送っている。
  尖閣諸島の『魚釣島』の事を、中国人も『魚釣島』と呼んでいる。
  その他・・・

  その他、文化大革命以降の多数ある中の中国の悪い言動の一部についてコメントすると・・・

 『中国人以外の人が、自分のものだと主張しているものを、後から中国人が自分のものであるといって、奪おうとしたり、実際奪ってきた』
   ・・・これは刑法、民法を明らかに逸脱している。
   ・・・そういわなくても
   ・・・人間(社会人)である以上、常識としか言いようが無い!

 それが、事領土問題においても、第二次世界大戦のどさくさ(激動)以降にも、繰り返し行われてきた。
 しかもたまたま中国は、日本だけを毛嫌いして、領土問題でさえも、常識破りな事をするばかりではなく、ベトナム、フィリピン、ボルネオ、ミャンマー
   ・・・多数の国と国境について、中国の土地を増やそうとたくらみ、行動してきた。
 そのような表明を、今回 温家宝という名の、中国政府高官は、国連の場を利用して、全世界に自分の非常識な発言をアピールした。このことは、中国の今までの拒否権発動には多数悩まされてきた、中国以外の諸国にたいして、まさしく国連を汚す行為であり、国連の存在意義に改めて中国が疑問を呈する言動である!
 その他、枚挙に暇が無い。
 
 そして今回の無謀で、他船に危害を加えた、犯罪者を、中国では英雄と称して、マスメディアに登場させる・・・

 これは、中国自体がならず者国家であるという事を自認する行為である。
 またその行動に、中国国民が大きく賛同しているというのであれば・・・

 それは中国人の考え方、価値観、中国の学校教育自体が、非常にいびつであり、非常識である事の裏返しであるという事、私の親切心からご指摘申し上げるるべき状態であるという事を意味している!!



急激な変化!! 〜東京の気温と、中国に対する期待と反感〜                                        Rapid changes on climate, and for and against China 

f04017bb.jpg 9月22日(水)は30度以上で、殆ど猛暑日・・・!
 23日は冷たい雨が降り・・・
 25日(土)の朝には、車の温度計は15度であった!

 イデオロギーは残酷な殺し方を遂行できる!

 実生活を超越したイデオロギーの基づき一つのことを行うと・・・
 反対方向の反動が起こる!

 小さな行動を行えば・・・
 小さな反動が!
 大きな行動を行えば・・・
 大きな反動が!

 短時間の波、中時間の波、長時間の波・・・

 それが人生である!!

 この様な社会の中で、幸せを、平和を模索したいものである!!

 永遠に叶うことがない・・・
 永遠の幸せを・・・!!

2010.9.24中国が日本の主権を蹂躙した日                                          On 2010.9.24, China over-run Japan !

a8bd603c.jpg 私自身、この様な表現はしたくない。
 しかし・・・
 『2010.9.24は、日本という主権国家が中国という名のならず者国家に殺された日!!』
 である!

 しかし日本の領海内で明らかに公務執行妨害をした漁船の船長の拘留について、中国No.2の温家宝 首相が、釈放するように強硬な発言
 また中国人の日本へ観光予定をドタキャンし・・・
 胡錦濤が上海万博に招待した日本人の招待をドタキャンし・・・
 レアメタルの輸出を止め・・・
 中国内の4人の日本人をスパイ容疑で拘束した!

 温の発言は、日本国内法を無視した表現!
   ・・・公の場で発言したことより、彼個人の見解ではなく、中国という国の発言!
 明らかな内政干渉!!

 その他の件は、その他の法令上、問題となる行為であるし、大体常識的のあるものの行動とは思えず、失礼際なりない!!

 日本の対応は、国内法を超越して、船長を釈放・・・
 検察の判断だから・・・??
 という説明!
 しかしその説明は、日本人を納得させるものではない!!

 私は、この様な一連の話の成り行きをうすうす予測できていた・・・
 しかし余りに稚拙な対応の、中国政府と日本政府・・・

 ただ一連を事の成り行きを見る限り・・・
 また今回の事例以外の事の成り行きを見ても・・・

 日本人と中国人以外の人の判断では、中国政府には大きな問題があると判断する人の方が、圧倒的に多いだろう!!



国家という品格と相性                                         Nationality and values 

4860031d.jpg 国と国は、大喧嘩をすれば、二度と仲直りは出来ないのだろうか・・・?

 中国問題は、多分に多彩で、神経質な問題、多様な価値観の交錯を感じる。
 そのため、私は中国問題は考えようとしても頭が痛くなるだけ・・・!
 とんでもない価値観でも認められ、既成事実化される土壌がある・・・!
 と感じてきた。

 勿論、日本でさえ、価値観は多様であり・・・
 日本の政治家、思想家、国民においても価値観は、実に多様である!

 そして基本的に、世界各国で、経済的に満ち足りていると思われる国は、アメリカは勿論の事
   ・・・何処の国も金銭的には窮乏している!!


 今回の『漁船衝突事件』に付随した一連の出来事・・・
 当初、中国政府は、短期間に10万件以上のインターネットによる書き込みがあったから、政府としても対処しなくてはならないと判断した!?
 といった大義名分的な情報があったような気がする・・・

 しかしこの件数・・・

 最近の物質的に恵まれてき始めた中国・・・
 インターネットをしている人の数は、うなぎのぼりのはずである。
 日本においては人口比でいうと1万人規模(0.01%)という事・・・
 大した反響ではないような気がするし・・・
 それを政治問題化した中国の政治家には、いくつかの思惑と、責任がある!!

 また貿易上のレアメタルなどの禁輸的な措置・・・
 これは『宣戦布告』とほぼ同義とも受け取られかねない行動・・・

 では本当に、日本の領海であろうとなかろうと、わざと船をぶつけた相手がいて・・・
 日本が相手集団を拘束し、その後の中国政府の要求に超法規的に配慮して、船長という一人以外を釈放し・・・
 単に一人だけ、船長を拘留しているという事実に対して、中国政府は更なる超法規的処置を求め、威嚇し、戦争も辞さないという態度・・・!!

 『常識では、理解したいと思っても、理解の仕様が無い!!』
 この様な行動を何で中国政府関係者は取ることが出来るのであろうか??
 私にはどうしても中国国民民意とは大きく乖離した政府関係者の価値観があるとしか私には思えないのである!!

 そして我々が注意しなくてはならないことは・・・
 今回の一連の政府の反応は、非常に短絡的で感情的で激烈ではあるが・・・
 ある種の民意を政府が利用し、過敏すぎる反応をしているとしか、今を持っても私には思えない・・・!

 つまり日常生活で接することがある中国人・・・
 彼らが全員同様の価値観で行動しているかというと・・・
 殆どそのような事は無い・・・
 善良は中国人が殆どなのではないか・・・??

 何故なら、第二次世界大戦で300万人もの同胞を、主にアメリカとの戦いで失った日本・・・
 それでも終戦直後から、アメリカとの関係は、決して悪いものではないではないか・・・!!



心証という言葉の不確実性                                         Uncertainty of impression, ‘Shinsyo’ 

7c58eecf.jpg 厚生省の村木局長は、テレビを見ている限り、事件の最初の報道の時から、犯罪者扱いされるような方ではないのではないか?と思ってきた!

 そしてやっと無罪判決が出て・・・!
 9月21日には、エース検事の証拠捏造事件へと展開し・・・!
 9月22日には、検察の複数の人間の関与が示唆されるに至っている!!

 私自身も、忌々しき人間であるといわれる可能性は否定できないが・・・!?
 検察官の犯罪、検察という組織ぐるみの犯罪という事であれば、これまた非常に忌々しき問題である!

 また時々実感したり、伝聞されることは、人を裁く司法そのものも(特に医療裁判においては)・・・
 かなりいい加減、もしくは判断が困難なことも、国権という傘のもの、裁き切り過ぎているという事は無いであろうか・・・?

 そしてそんな時、顕微鏡を用いて観察しレポートを書いている我々に向けた、元防衛医大病理学教授 鈴木 実先生の貴重なお言葉を思い出す!

 「・・・良いか!眼の前にあるものを書くんだぞ!
     見えていないものを書いてはいけない!
     見えているものを書かないでいてはいけない!

     それが病理学だ!!」

 といった主旨の講義!
 当たり前すぎるが、余りにすばらしい教え!!


 心証:ある事に付いて、一部を目にする事により、全てを見抜くこと。第6感にも近い概念。
 これにより、検事も、裁判官も、(弁護士も、)我々も、人を裁く。
 そして我々人間は、第一印象なるもので、ある程度の判断を日常下していることが多い!
 特に忙しい時はそうである!
 しかし結果的には、ひらめいたはずの自分の判断・・・
 経験に基づいたすばらしい判断のはずだったのに・・・
 間違っていて、後で後悔することもしばしばである!!

 重要なことは、『心証』なるものに頼ったり、『心証』自体を言い訳にしてはならないという事。
 また人間は間違えの連続である!
   ・・・特に重要な判断は時として取り返しが付かなくなることもある。しかし間違えに気づいたなら、できるだけ早く否を認める態度と勇気が必要である!

 それが真に自分を磨き、自分の実力を増すことにつながるのだという真理
   ・・・もしくは処世術!!

 『他山の石』ではなく、深く再認識されていただいた!!


球磨焼酎はおいしそう!                                       Kuma syocyu, the liquor, would be delicious ! 

122faeee.jpg 最近新ためて、球磨焼酎・・・
 福田酒造以外の焼酎も調べてみた!

 このところ芋ブームというのがあってか・・・?
 米焼酎で有名な球磨焼酎であるが・・・

 芋を使ったものも、いくつかあり、コーンを原料にした物まであった!!


 『KAYAS』というネット・ショップは現在改装中ですが・・・ 多分1ヶ月以内には、新装開店のご案内が出来ると思います!!

 よろしくお願い申し上げます!!

中国漁船衝突事件                                        Chinese fishing boat intensional ? accident !  

88c412e2.jpg 週末も、やはりぱっとしたニュースは少なかった!

 そしてコメントはしたくないが、この問題は気分を憂鬱にさせる!


 尖閣諸島の領土問題・・・!
 これは1971年ごろから中国と台湾が、主張し始めたという歴史的経緯から見ても、中国と台湾には、大義名分を認めがたい!

 しかしその前提で、もしくは前提を例え認めなくても・・・
 この海域での漁業の操業には、領土問題という大きなリスクがあるという事は、多分みんな知っている!

 それにも関わらず、同海域で操業し、日本の沿岸警備隊をみて逃走し・・・
我が沿岸警備隊が、身を張った追跡をし・・・
 漁船は諦めて停船するどころか、往生際悪く我が沿岸警備隊の船舶に衝突させた!!

 この様なストーリーであっても、いくつもの??が浮かんでくる!
 まず第一、中国領海で操業していたと思って操業しているなら、逃げる必要は無い!
 逃げ切れないと諦めたなら、何で魚船を我が船にぶつける必要があったのか?
 漁船がぶつけることにより、逃げ切れることになったとしても、修理代等は結構かさむであろう!?
 もしもぶつけた拍子に、漁船が沈んでしまったら、乗組員全員の命の問題である!
 我が船を沈没させることになったら、この漁船は日本人に対して大きな遺恨を残すことになる!

 そして事故後の中国政府の対応・・・!!?

 高々、とち狂った漁船の船長と乗組員の仕業というには、かけ離れた政治的関係者の圧力を迅速にかつ執拗にかけ続けてきたように見える!!

 つまり、今回の事件は事故ではなく、謀略であるという可能性が極めて高い事象であると私は最初から疑っていた!
 そしてそれは、中国政府の高官が関与して、内政問題を外交問題で隠蔽しようという意図か??
 しかしこの問題は、内政問題に大きく飛び火するリスクが非常に高い性質のもの!
真実をゆがめる行為
   ・・・その代償は国家間の経済問題を含め、余りに大きすぎるものになるのではないか??

 確か、小平元総書記さんは
 「・・・外国の挑発には乗ってはいけない!!・・・」

 非常に先見の明のある哲学があり
   ・・・現在の中国があるように私は認識しているのであるが・・・

日常診療における奇遇 〜宮崎出身者に関して〜                                      Some occasions in daily life, about Tsuno Town, Miyazaki pref. 

739e826a.jpg もしかしたら以前にも記述させていただいた事かもしれない・・・

 『袖振り合おうも他生の縁
 などといいますが・・・


 思わぬ所で、思わぬ方と出会うものである!!

 私のご先祖様は、宮崎県児湯郡都農町近辺に数十代に遡って、生活していたのだと聞いている。
 最近は、「宮崎牛の口蹄疫」の初発の牛が発生した町として報道されたのでお気づきの方もいらっしゃるかもしれない・・・!?
 今でも、お墓参りに行くと、全く読めないほど風化した墓碑が沢山立っている。

 そして今は亡き祖父母や都農の記憶は・・・

 私が幼少の頃は、宮崎県は東京都違って、バスが発達した県であるという印象を持っていた。
 滅多な事では、国鉄 日豊線は数も少なく不便だし、乗る機会は少なかった。
 そのため国道10号線(旧道)のバスターミナルは、活気のある場所であった。
 祖父母は、そのバスターミナルのある十字路で、洋服屋を営んでいた。
 ご先祖様は、武士で
   ・・・祖父母は洋服屋である!

 そして特におじいちゃんは、信仰心が高く、何かにつけ、近くにある『都農神社』に出かけていっていた。
   ・・・今でも健在なら、多分35年ぐらい前に、85歳ぐらいで他界しているので120歳という事になる。

 最近入院した90歳を超えるおばあちゃん・・・
 看護師が
 「方言がきつくて、何を言っているかわからない!
   ・・・宮崎出身だそうですが・・・!?」

 そこで早速出身地について話してみると・・・
 何と、都農神社の前にあるお菓子屋さんの出身で、15歳ごろ志布志のほうに嫁がれたそうで・・・

 「あんたも、宮崎ね〜〜!
   ・・・ばあしゃんな〜都農出身で
      ・・・あかぎれが出来ちょっては、血がピュッピュ出ては、火箸でジュッと焼いとった・・・」

 私も良く理解出来ないけれども、祖父母の話しをしても、バスターミナルの話しをしても、記憶に無さそうである・・・

 そういえば、バスなどが発達したのは、このおばあちゃんが嫁いでいった後での話かもしれない・・・!?
記事検索
Archives
にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ
livedoor プロフィール

kayash

不愉快なことが沢山あるこの日本!!今までは漠然と不満を持っていた自分!!しかし2008年5月4日からこのブログを初めて、自分が感じている不満をもっと具体的に他の人に伝えるにはどうすればよいのだろう??と考え、何かと調べてまとめることを続けてきました!!・・・そして大分具体的に自分の価値基準を持つ事が出来たような気がします!!・・・これからも『焼酎』(米、球磨焼酎)、『九州』(熊本、宮崎、鹿児島など)、『日本や世界』の『政治、経済、文化、スポーツ、観光、事件』について私の考えでコメントしていきます!!・・・よろしくお願い申し上げます

livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ