AUDIT20181202 最近、産業医の講習会に参加しました。
 産業医というのは、事業者と労働者の間に入って、
より労働者の稼働効率を上げるという 任務があるものと認識しています。

 臨床医の立場とは少しスタンスが違います。

 臨床医の立場であることが多い私ですので〜〜〜
 産業委の資格も持ってはおりますが、少し違った立場からの考え方を勉強する機会です。


 私は米焼酎を製造する会社、販売する会社と関係があります。

 飲食店で営業する際に〜〜〜
 体を張って、酒類の消費量を多くしなくては!という考え方もあり〜〜〜
 またもともとそれほど酒類に対する耐性が無いというか・・・
 簡単に言うと、酒に強くありません。

 時として飲みすぎて〜〜〜記憶を失います。
 酒を飲みすぎて、電車で帰るときに、乗り越してしまうことがあります。

 AUDITというアンケート的な診断法があります。
 非常に参考になります。
 是非一度皆さんやってみて下さい。
 一体 自分は、アルコール使用障害があるのかどうか、自分で確認してほしいです。

 8点を超えると、良くありません!
 15点を超えると、大分よくありません!!

 『私はアル中だと思います!!』〜〜〜残念ですが・・・
 是正しなくてはいけないと強く思っています!!