焼酎と九州

九州って、こんなに良いところが沢山あるよ!! 初めての錦江湾、姶良(重富漁港)沖で大きな真鯵を沢山釣ったとき、数年ぶり??で桜島が噴火しました!!!・・・しかも2回も!!(2008.4.27) 私も噴火したい気持ちになりました!!!

2023年10月

What that mean ?? Death toll 1400 to 1400 in Israel, 1400 to over 7000 in Parestine.

P1000006 もとより私は主張している。
 どんな過去があろうと、最近大量虐殺をしてしまったとしても・・・
 ハマスがイスラエルを侵攻し、イスラエルが報復した。

 その後、一方的に狭いGAZAから外に出ることが許されない、パレスチナの人々に対して、威力の強い爆弾で散々爆撃を繰り返すイスラエル。
 恨みや悲しみは、個人レベル、集団レベル、国家レベルでも 色々な人達のなかで結果的には大きく増幅されてしまった。

 ・・・だから不可能だろうと思っていても、直ちに、お互い100歩譲って、攻撃を停止して、仲直りをする。できるだけ未来永劫 仲良しになると誓う。

 答えはそれしかないのである。
 そうでないと、我々人類は似たようなことを繰り返して、皆滅びることになるのである。

この世は人の世である。戦争無き人道社会でなくてはいけない。                     Our world is for human & creators, without wars !

9c2bb9ed.jpg ひとたび戦争を起こしておいて、人道回廊を作る!?などといった、変な主張を耳にする。
 そもそも戦争という非人道的な事を行っておいて、その上に人道的な事を行う・・・
 私には詭弁に聞こえてしょうがない。
 人道を主張したいなら、最初から戦争、紛争に手を染めてはならない。

 話し合い、和議では決着つかないのか!?
 戦争なら決着がつくのか!?

 傷付け合い、殺し合っても決着つかないなら・・・
 決着つくまで、話し合いをするしかないのである。

 戦争は、話し合いでの決着をつき難くし・・・
 この世を恨む人たちを多数生んでしまう。
 戦争に加担した人たちすべてに、大きな失望と侮蔑の念を抱く。

 この世で何かを略奪しても、そのものを来世にもっていくことは出来ない。
 苦労して話した経験は、後世に受け継がれる。
新しい幸せと共に!!

人間が戦争をするという事は、弱肉強食だ!・・・獣だとしても可哀そうすぎる。             War is the stronger eats the weaker, for beasts it’s too sorry!

664dbd81.jpg イスラエルとバレスチナ、ハマス。
 心が痛む。
 (勿論、ウクライナ、ロヒンギャ、ルワンダ、ボスニアヘルツェゴビナ、中国国内の民族対立、グルジア、クルド・・・その他枚挙に暇はない。)

 パレスチナにすれば、いつも過剰に殺され続けてきて、積年の恨みを超えていたのだと思う。
 しかしイスラエルにしてみれば、自分らの同胞が少なからず殺されている。
 お互い同様の気持ちがあるのだと思う。

 しかし再び、ほんの少しでも相手を攻撃すれば、新たな不幸な人たちを増殖する。
 想像しただけで心が痛む。

 動物の番組は、日々見ることが出来る。
 私は たまたまカリオンという犬の集団が、イボイノシシを襲うシーンの放送をみた。
 そしてこれは日常茶飯、アフリカのサバンナなどでは繰り広げられている光景なのだと思う。
 カリオンは、飯を食べないと死んでしまうので、相手の動物を襲って、食べる。
 イボイノシシは、逃げ遅れたのか?狙われたら最後、戦う前から死ぬしかないのかもしれないが・・・
 カリオンに追われ、すぐにお尻をかみちぎられ、皮ははぎとられ、血が噴き出す・・・
 大きく皮をはぎ取られ、お尻のところに皮の下の真っ赤な肉が露出して・・・
 それでも必死の抵抗と、叫びと、唸り声をあげ・・・
 しかし、沢山のカリオンがイボイノシシの体のいたるところに噛みつき・・・
 それでも抵抗するイボイノシシは、白目をむいて抵抗を試みるが・・・
 状況が改善する事はなく・・・
 元の肉体の形を残すことなく、ぐちゃぐちゃになって、コヨーテやハゲタカ、ハイエナなどが、ぐちゃぐちゃになったイボイノシシの体の断片をむさぼろうと、寄ってたかって引きちぎる。
 同様の事を我々人間もしているなぁ〜〜〜!
 とても心が痛み・・・イボイノシシの無念が、痛さを通り越して、重圧となって伝わってきた。・・・食べはいけない!食べられてはいけない!!

 我々人間も 動物である。生き物である。
 しかし我々は、農作物を作ったりもできる。(できれば動物をほうばりすぎてはいけないと思うが・・・)
 どんなに相手が憎かろうが、何十年か前とは現代は違う。

 ミサイルを撃ち込んだりしようと思ったときに、相手に農作物を送らなくてはならない。
 同じ殺戮の繰り返しは、先生の当事者 両方にとって やってはいけないことである。
記事検索
Archives
にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ
livedoor プロフィール

kayash

不愉快なことが沢山あるこの日本!!今までは漠然と不満を持っていた自分!!しかし2008年5月4日からこのブログを初めて、自分が感じている不満をもっと具体的に他の人に伝えるにはどうすればよいのだろう??と考え、何かと調べてまとめることを続けてきました!!・・・そして大分具体的に自分の価値基準を持つ事が出来たような気がします!!・・・これからも『焼酎』(米、球磨焼酎)、『九州』(熊本、宮崎、鹿児島など)、『日本や世界』の『政治、経済、文化、スポーツ、観光、事件』について私の考えでコメントしていきます!!・・・よろしくお願い申し上げます

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ