2104581e.JPG 昨日、往復25時間かけて、我が日本の麻生首相がワシントンを訪れた!

 会談時間は1時間きっかり!

 共同声明なし!!

 当然、昼食会なし!!

 そして金を出せといわれたのか??
 日本は累積債務850兆円・・・アメリカの倍である!!
 今までも55兆円の米国債を買ってきた!!
 なのにアメリカには民間金融資産1600兆円が目に入ってしょうがないのか??
 属国民、日本人の民間金融資産も、アメリカ人のものでしかないというのか??

 元々サブプライムはアメリカ(ヨーロッパ)固有の問題の筈であった・・・
 なのに経済的ダメージは日本はかなり深刻である・・・
 それなのに、(日本の政治や経済の怠慢??・・・構造上の欠陥を直せなかった・・・もしくは直そうとしても無理だったのかもしれない・・・)全身出血まみれになっている日本が、アメリカに輸血のための血液を唯であげなくてはならないのか??

 日本が出血性ショックを起こそうとしているのに、献血しなくてはならないのか??
 日本は死んでも、アメリカを助けなくてはならないのか??

 それもこれも1945年、日本が第二次世界大戦で敗北したからなのか・・・??

 理性を失いそうになる・・・
 
 昼食会はしてくれなくても、一国の長が訪れて、会談をしたなら、共同声明ぐらいは出して欲しいものである

 ・・・これではガキの使いである!!