b29779fe.JPG 世界政治は弱肉強食!!
 それが当たり前である!!

 そして19世紀から20世紀にかけては、世界大戦の時代・・・!!
 
 世界各国が、自国のために、血を流しながら生存をかけて争った!!
 『昨日の友は、今日の敵』である!!

 そんな史実の中、日曜日(2009.6.28)、NHKでは、21時から1時間以上に渡って、その頃の史実を編集し、報道していた
   ・・・内容としては、さすがNHKと言った内容に見えた!


 そして不条理?『弱肉強食の作戦』の代表の一つはナチスドイツによる『バルバロッサ作戦』ではないかと私には思えた!
 確かに、戦争は沢山の災いを連鎖的に発生させる!
 その個々の紛争に関してさえ、我々国民は、沢山の怨念を抱く・・・!!
 勿論、相手の国も、我々と同等、もしくはそれ以上であろう・・・!

 第一次大戦で敗戦したドイツ
   ・・・ソ連を味方に付けて、自国の軍事施設をソ連に作らせても貰ったドイツ
      ・・・なのに『バルバロッサ作戦』である・・・!!

 ドイツも非情な選択をした
   ・・・ソ連も頭に来たものだと思う!!

 そしてその報復の応酬である!!

 そして改めて現代社会においては、『戦争より、共存を選択すべき!!』というのが常識的な判断であるという事の再確認である!!
 
 歴史は、先哲は、多大な犠牲の上に今の我々に、遺言を託しているように私には思えた!!