a8edf753.JPG 昨年に引き続き、市房観光ホテルにお邪魔しました!

 何が嬉しいかというと、やはりお料理は、その大きなファクターです!!

 最近は、乱開発されつくされた感のある日本です!
 どこの『田舎?』に行っても、道は舗装されているし、川は護岸工事が成されているし、山は植林されて整然と針葉樹林があるというのが、いわゆる日本の『田舎』の定番のように、私には思えます・・・
 
 また都会では、大抵の町には、一度は見たことのある、飲食店の看板が並び、ある意味『・・・ホッと・・・』する一方、地方色の無い、いつもお決まりのファースト・フードや、看板を見ただけで、メニューが目に浮かぶ飲食店が多いという事は、やはり嘆かわしいことに私には思えます!!

 そんな中

 『オーガニックではなく、無農薬』

 というのが、市房観光ホテルの目標だそうです・・・!!

 最近は『オーガニック』というだけでも、もてはやされているのが現状ですが、『無農薬』とは、有機肥料も使わないという事だそうです・・・!!

 初めて、そのすごさを認識したような気がしました・・・!!

 つまり
 『・・・最近は、湯山(市房観光ホテルがある球磨郡水上村湯山)でも、農薬を撒くので虫がいなくなってしまうんですよ
   ・・・食材として、道端の草でも食べられるものが沢山あります
   ・・・虫もそんな草を食べて大きくなるのです
   ・・・そんな虫や草を、我々の次の世代に受け継いでいかなくてはいけないと思って、こんな仕事をしているんです・・・!!』

 というのが、市房観光ホテルのご主人のお考えだそうです・・・!!

 今度は具体的な、お料理について報告します!!