焼酎と九州

九州って、こんなに良いところが沢山あるよ!! 初めての錦江湾、姶良(重富漁港)沖で大きな真鯵を沢山釣ったとき、数年ぶり??で桜島が噴火しました!!!・・・しかも2回も!!(2008.4.27) 私も噴火したい気持ちになりました!!!

経済

東京オリンピックは生で見た方がいいのかな?                       Tokyo Olympic Games, with expensive tickets ?

9afb8ba5.jpg 今日から東京オリンピックの抽選販売の受付が開始されたそうです。
 早来年ではありますが・・・

 テンションが上がらない自分がいます。

 何で・・・こんなに高いのでしょう!?
 開会式で30万円の歴史的なチケットを買いたいと思わない〜〜〜
 私が『うつ』か、何かなのでしょうか?

 最近、世の中、金次第な風潮が強くなってきたように〜〜〜感じます。

トランプはインサイダーでもしているのか?連休明けの日本株直撃!           Mr. Trump or an inside trader ? affects Japan stock exchange !!

1b5cdc2d.jpg 結構知り合いも、株で儲ける事には自信を失っています。
 元もと私は縛才が無いと自認していますので・・・
 悲惨な状況です!

 5月5日までは、株は買っていた方が大正解だと思っていました。
 しかし5月6日にアジア株の様相は一変し、これはヨーロッパ、アメリカ、日本を席巻する。

 トランプさんが、米中貿易摩擦に言及しただけで・・・

何のための生活保護なのか?? Social security of Japan For what !!??

3b5d443b.JPG 昨日(2019.3.18)の朝日新聞の「天声人語」・・・
 「おなか一杯食べさせてあげられなくてごめんね!と3歳の子供にいって自害した20歳代の母親がいる。」という記事である。

 後半では お寺のお供え物を配布するシステムの話が記載されていた。


 〜〜〜
 こんな悲劇が、何で今の日本で発生するのだ!!

 (声を大にすると利権者から口を挟まれると思うが・・・)
 300万人いる日本の生活保護者。
 そのうち200万人は本来は、対象ではないとも言われている。

 〜〜〜
 もっとも我々が働き疲れて年金生活になった時 月に5万円の支給。
 生活保護者は15万円の支給+医療費+住宅費+タクシー代等

 〜〜〜
 一体何がしたいのか!!?
 一体何をしているのか!!???

 私は一納税者として、激怒する!!

ドイツ経済でさえも調子が悪いと言われると・・・  German economy getting worse…

f439f186.JPG 人からの聞きかじりですが・・・
 ヨーロッパで絶好調であると思われていたドイツ・・・

 移民受け入れの問題・・・
 中国経済の関係・・・
 ブレグジット・・・

 このあたりが大きく関係するのだと思うのですが・・・

 製造業は急速に悪化していると言われています。

 〜〜〜日本に 目を戻してみると・・・まったくどこにも余裕があるようには感じられません。

焼酎が売れるといいな!? (米中貿易戦争)                      Shochu be sold out !? under US China trade war !

ebb4d49e.jpg 『焼酎が売れるといいな〜〜〜!?』
 『どうやったら売れるのかな???』
 『飲んだ人がおいいしいと感じてくれるかな〜〜〜!?』

 などと考え、日々生活しています。


 昨夜のダウを見て・・・酷いことになったな!と思いましたし〜〜〜
 今朝になって、日本は対象国から除外されていないんだ!

 という事は・・・日米の協調関係:非占領関係は何も意味がないのかな!?
 自分がやましい事をして大統領になったという事から目を離すための方策か!?

 と改めて実感できる出来事です。

コンビニ戦争とアマゾン      Conbini wars vs Amazon

ebb4d49e.jpg 時々話題になりますが〜〜〜
 確かに「コンビニ」はイノベーションであった。
 たしか、日本の第一店舗は、私の勤める病院のある江東区などとテレビでやっていました。

 そのコンビニ・・・
 再編を切り返し・・・
 日本全国に6万店舗。

 「今は、店を開ければ 客が来ると言う時代ではなくなった・・・」
 との事。

 「いろいろ工夫をしなくては・・・」
 「昨年は初めて、コンビニ店での売り上げが減少に転じた!・・・8%も減少した!」

 〜〜〜
 一方、流通革命を伴いつつではありますが・・・
 巨大通販企業の隆盛・・・

 会社は小さくても・・・大きくても・・・
 良い時があっても・・・悪い時があっても・・・

 いつでも大変なんだな〜〜〜と感心・落胆・良い経験になります。

日本の街中には大金を持った人がウヨウヨいるようです!                  Many Japanese people carring huge money in streets !?

40fe1b2a.jpg しかし・・・
 いわゆる『3億円強奪事件』・・・50年近くになりますか!?

 この事件の話題だけで、一体何年 国民的話題となっていたでしょうか!?

 それが〜〜〜とある一つの事件のように、福岡では『3.8億円強奪』
 翌日には銀座で『4000万円強奪』

 日本にも、お金があるところには あるのだな〜〜〜
 と感心すると同時に・・・
 もしかしたら、街で見かけた人のカバンの中には大金が入っているのかも!?
 と勘繰りたくなりました。

 〜〜〜
 そして逆説的には・・・
 これらの巨額のキャッシュが飛び交っているのだとしたら・・・
 マネーロンダリング!という言葉が脳裏をかすめます。
 (銀行だって、番号すら控えていないし・・・)

 〜〜〜良いですね〜〜〜!!

国境の壁は関税で建てるという事!?                               Walls on the boundary could be paid by trade tax !?

20325127.jpg ハネムーン機関もなく〜〜〜
 大統領令を連日 切られる トランプ大統領。

 選挙公約的な・・・
 メキシコとの国境の壁・・・

 昨夜も、メキシコが払うという言い方をしていた。

 ・・・
 そしてふと思いつくのが〜〜〜
 新たに 関税をかけて、それで壁などに見合う費用を捻出するという事が出来たら・・・

 そのことを指して〜〜〜相手国に払わせえた!!

 と〜〜〜大統領は落ちを考えているのでは!?

 と直感的に 体感した!!

トランプ大統領就任後の世界経済 World economics in Trump era !

b6fab6bc.jpg 私は経済の素人です。
 しかし我々の経済活動には、どうしても波があり・・・
 不動産の仕事をしていても〜〜〜証券会社的な仕事をしていても〜〜〜
 かなり保護されている医療の仕事をしていても・・・

 時勢を読むという事をしなくてはなりません。

 そして今回・・・
 強欲的に『アメリカ ファースト』を叫ぶトランプ氏が大統領になるというアメリカ!
 それを容認するしかない世界の各国。

 〜〜〜やはり人間として、私も、これからの世界経済の動きを予想しなくてはならない!
 と思いますし・・・

 これで予想も出来ないなら・・・私は自分の殻に閉じこもったまま、人生を終わるべきなのだと思います。

TPPについて初めて理解が出来た。   I could recognize first, what is TPP !!

9c92d339.jpg 『自由貿易を推進するアメリカでなぜTPP懐疑論が出るのか』(Yahoo)という記事を読んで、TPPの付いての理解が初めて深まりました!!
 有難うございます。

 書かれたのは西山隆行(にしやま・たかゆき) 成蹊大学教授という方です。

 ほぼ全文抜粋ですが、紹介します。

 アジア方式とスパゲティ・ボウル現象
 先進国が実現しようとしてきた自由貿易協定は、野放図な自由化を目指すものではありません。経済的利益を追求するために諸々の知的財産権を無視したり、環境を悪化させたり、労働者を搾取したりするのは望ましくないという考え方も同時に提起されていて、知的財産権や地球環境の保護、労働基準の共通化などを実現するためのルール作りも試みられてきました。

 従来APEC諸国が取ってきた方針は、各国の自主的な取り組みを基礎として、合意可能な範囲でルールを決めていこうというものでした。各国の自主性と自発性を重んじて法的拘束力を課すことのないその方式は、しばしば「アジア方式」と呼ばれましたが、これでは貿易自由化が進展しないばかりか、環境規制や労働規制も進みません。TPPは、このような状態を脱し、契約に基づいた、秩序ある貿易自由化を目指そうとしたものなのです。

 今日、様々な国が多数の二国間自由貿易協定(FTA)を結んでいますが、これは、様々な部品の関税率などについてそれぞれが異なるルールを備えていることを意味します。このような状態は、ボウルの中でスパゲティが絡み合っているのと同じようにFTAのルールが絡み合って複雑化していることから「スパゲティ・ボウル現象」と呼ばれています。

 TPP交渉が始まると、オーストラリアやシンガポール、日本は「共通譲許」の実現に向けて尽力しました。

 共通譲許方式とは、交渉によって定められた自由化方式に沿って各国が対象品目を定め、多国間協定を締結したどの国から輸入される場合でも、自国の譲許表に沿った同じ税率を適用しようとする方式のことです。

 しかし、驚くべきことに、もともと共通譲許設定を提唱していたアメリカが、交渉の途中から、共通譲許を作るのではなく、二国間協定の積み重ねによるTPP実現を主張したのです。もちろん、ルールの共通化もある程度は実現しましたが、最終的にTPPは、従来の二国間協定によって作られたスパゲティ・ボウルに、不足していた二国間協定を足し合わせるものとなったことも否めません。つまり、スパゲティ・ボウル現象は解消されなかったのです。

 つまり、オバマ政権は貿易協定締結という業績の達成を目指し、共通譲許設定という目的を早々に断念したのでした。オバマ政権はオバマ・ケアに関しても、もともと主張していたパブリック・オプションを早々に断念して民間医療保険をもとにした医療保険制度改革を行いました。崇高な目的を掲げるものの、実際には早々に立場を変更して、当初の目的とは大きく異なるものを作り上げるのがオバマ政権の特徴なのかもしれません。

記事検索
最新記事
Archives
にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ
livedoor プロフィール

kayash

不愉快なことが沢山あるこの日本!!今までは漠然と不満を持っていた自分!!しかし2008年5月4日からこのブログを初めて、自分が感じている不満をもっと具体的に他の人に伝えるにはどうすればよいのだろう??と考え、何かと調べてまとめることを続けてきました!!・・・そして大分具体的に自分の価値基準を持つ事が出来たような気がします!!・・・これからも『焼酎』(米、球磨焼酎)、『九州』(熊本、宮崎、鹿児島など)、『日本や世界』の『政治、経済、文化、スポーツ、観光、事件』について私の考えでコメントしていきます!!・・・よろしくお願い申し上げます

livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ