焼酎と九州

九州って、こんなに良いところが沢山あるよ!! 初めての錦江湾、姶良(重富漁港)沖で大きな真鯵を沢山釣ったとき、数年ぶり??で桜島が噴火しました!!!・・・しかも2回も!!(2008.4.27) 私も噴火したい気持ちになりました!!!

音楽

ホイットニーの死                                              Ms. Whitney Elizabeth Houston died

eb9f55d5.jpg 最近、アメリカン・ミュージック・アワード(AMA)の録画を見ていて・・・
 やはり人生をかけるなら・・・
 ショービジネスなのかな・・・??
 なんてふととんでもない思いを抱いてしまった自分がいた・・・
その理由の一つが、彼女の素晴らしい曲の数々であり・・・
芸術だと思う。

 勿論ホイットニーも、AMAを受賞している。

 そして自分より、年上だと思っていたのに・・・
 大変残念である。


いっこく堂 腹話術師                                            Ikkokudou, the ventriloquist

b8e4600f.jpg 正月に、ある程度テレビを見た。
 テレビを見るか・・・
 もしくは初詣に行くぐらいしかする事が無ない正月であるともいえます。

 その中で、一番驚いたのは・・・

 『いっこく堂』という名前の腹話術師です。


 何で腹話術で、色々な種類の声の歌を歌うことが出来るのであろう??

 凄いと思う。


ガガからの贈り物!                                          X’mas present from Lady GAGA 

20111220ガガ20111221ガガ











 ガガは、今、最も注目され才能溢れるアーティストだ!
 ツイッターのフォロワー 世界一!
 しかも優しい!!



 そんなガガ・・・
 12月23日の夜の『Mステ』という番組のために、再び来日された!

 先日、LAに行ったとき、ガイドのおじさんが言っていた。
 『多分、今度 ビバリーに豪邸を構えるのは ガガだと思う!』
 そして、ハリウッドのアメーバ ミュージックでガガのCDを買った。

 そして今回娘が、一ファンとして、成田に迎えに行って・・・
 原宿の竹下通りの『ドッグ』?で待ち伏せをして・・・

 ガガからサインを2回もしてもらったのだそうである・・・
 何と気さくで、優しいのだろう〜〜〜!

 私も欲しかった・・・!!


レディ・ガガは多分良い人                                         She is so nice and good, Lady GAGA  

f724b1f9.jpg 2〜3日前に来日し・・・
 いきなり、『日本は安全!』との記者会見。

 Twitterでは世界で一番のフォロワー数を誇り・・・
 アルバムやコンサートでも、世界で一番なのではないか・・・?
 という彼女!

 誰かに言わされていたり・・・
 その発言をすれば、報酬が得られるという環境ではないような気がする。


 私は、最初は、頭の飾りで、黄色?黄金?の伊勢えびの被り物をしている彼女の姿を目にした関係で・・・
 この人、大丈夫?と懐疑的であった。

 しかし歌も上手いし・・・
 心も温かく、綺麗であると思った。


心の洗濯 サラ・ブライトマン「シンフォニー」                                          The value of life. Sarah Brightman, ‘Symphony’ 

7926dd2d.jpg 最近は素晴らしいDVDが沢山ある。

 そんなDVDの一つで、音楽に関しては一押しのDVDがこれだ!

 数年前に、サラのことをラジオで知って、『DIVA』(2006年)という1枚のCDを買って、よく車を運転しているときに聞いた。

 その後『Symphony』(2007年)『A Winter Symphony』(2008年)と数枚買ったが、そんな時友人から頂いたDVDが、これであった。


 サラのこの作品の素晴らしいところは、『(女性)ボーカル』の一つの頂点を極めていると感じられる点である。
 サラ自身の声も素晴らしいが、その声が、他の男性ボーカルと共演した時に、さらにその素晴らしさを増幅するのであろうと彼女は予想し、自分でパートナーを選んで実証している。
 また音楽ジャンルは、敢て分類するとポップスであるが、題名どおりクラシックとオペラとラテンとロックのフュージョン・・・!!
なのにとても調和が取れている。

 感動的なのは、音楽は種類ではなく、いかなるジャンルであっても、基本的なリズムをはずさないこと!!
 という最低のルールで、あらゆるジャンルが共存し、表現することが出来、お互いを高めあうことを証明しているという点では・・・素晴らしすぎる『シンフォニー』である。

 音楽を通して、森羅万障の共存、調和、演繹が可能であるという事、それを証明した偉大な作品である。

 我々の人生の無限の方向性と可能性を示唆し、追求心を掻き立ててくれる作品である。

 ・・・なんて素晴らしいんだろう!!!・・・


人生の喜び ~マイケル・ジャクソン~                                          The pleasure of my life ! 

9d59558c.jpg 人はいろいろな時に、
 「生きていて良かった!」
 と思える瞬間を体験する。

 私にもいくつもの人生が許されるなら・・・

 音楽家というのも、とても魅力的な人生であると幼少の頃より思っていた。

 本当は、皆と同じように、幼稚園の頃よりピアノを習わせてもらったり・・・
 家にはピアノがあって・・・
 であればどんなに素晴らしいことだろうと確かに思っていた頃があった。

 そして念願叶い、確か小学5年生の時だったと思う。
 知り合いのピアノの先生に教えてもらったことがあった。
 ・・・しかし家のピアノは紙だったし・・・
 ・・・大した事はないと思っていた、勉強にも、それなりに時間を割かなくてはいけなくなっていた!・・・

 思い出すと、「女の子にもてたい!」というのが動機の半分は占めていたと思うが・・・
 中学3年か高校1年のとき、ギターを買ってもらって、バンドを組んでみたことがある。
 しかし到底、音楽家といえるような状態ではなかった・・・

 ところで今日の主題:

 「人生の喜び」

 最近は、この人は『天才』と思える人に対して、実感を持って、『天才』と思えるようになってきた。

 そしてポップ音楽においては
 『King of Pop
 マイケル・ジャクソンがその一人である。

 しかも人間性が、当時巷で変態扱いされていたが・・・
 非常に謙虚で素晴らしい人であったんだと・・・

 12月24日放映の
 『This is it』
 を時間が経つのを忘れながら見て、つくずく実感できた!!

ピアノとの突然の別れ                                         Sudden farewell to a piano in my house

cfeae7a5.jpg 朝になって知った・・・
 今日はピアノ屋さんが、ついでに査定に来るとの事。

 ピアノを買うときは、とっても高い。
 しかし引き取ってもらう時は、運送費を払わなくてはならない。
 そして今までお世話になったピアノ・・・
 出来れば、再生してもらえれば・・・?
 などと考えてしまう。

 「何でしたら、今日はお引取りも出来ますよ!」


 ピアノは2階の窓から、急に出て行ってしまった!
20101219ピアノ320101219ピアノ4

青春の残像                                              Reflection of younger and ambitious days ! 

bf6718e8.jpg 『青春』とは、よく判っていそうで・・・
  結構漠然とした概念です!

 イメージとしては、
 「若くて」
 「エネルギーが満ち」
 それでいて「リスクを恐れず」
 その分「ちょっと危険な」

 といった雰囲気でしょうか?


 私も中学高校の頃、それでいて不安が強くて・・・
 でも考えるのも面倒で、まず行動してみよう!といった時期でした!


 そして今、結構月日は流れましたが・・・

 いつまで経っても、まだまだ『青春』的に、行動できそうですし、

 行動しなくてはならないんだと思いました・・・!

 『ユーミン(荒井由美、松任谷由美)』の曲など聞いていると・・・



ディビッド・フォスター 〜偉大なるプロデューサー〜                                          David Foster, the Producer ! 

98347589.jpg 昨夜のテレビ番組も、今朝のテレビ番組でも、
 『ディビッド・フォスター』
 という偉大なるプロデューサーを紹介していた!!

 近々 日本でコンサートされるらしい・・・!
 
 アース・ウィンド・アンド・ファイアー
 シカゴ
 マイケル・ジャクソン
 セリーヌ・ディオン
 ・・・
 松田聖子
 ミーシャ

 など・・・

 確かに、すごいミュージシャン達を、多数プロデュースしている!!

 そしてすごいミュージシャンがいると思っていたが・・・
 当然かもしれないが、その人たちをプロデュースした人がいるわけである!!

 そしてそんな彼にもスランプがあり・・・

 改めてプルデューサーという仕事はすごい仕事なんだと感心した!!

クラシックの不思議・・・                                         Mysteries on classic music 

82cf1cea.jpg 時々、クラシック音楽を聴くと、素晴らしいと感動、感心する事がある・・・

 そんな時、最近は大抵いつも同じ疑問が私の脳裏をよぎる・・・

 クラシックは、当然現代音楽ではない・・・

 しかし何で、交響曲、ピアノソナタ、・・・

 『作曲した人たちは、1700〜1900年ごろに限られているのであろうか??』

 何でいつまで経っても、JSバッハ、ベートーベン、ショパン、モーッアルト、リスト・・・

 いつも決まった人の曲ばかりなのであろうか・・・?

 『何で私と同世代の作曲家の曲が、クラシックとしてヒットしないのであろうか??』

 そして、その曲名はというと『○○○の、交響曲、○短調、○○○番、作品○○』とかいう、呼び名なのであろうか???

 そのわかりにくさが、
 クラシック音楽を、

 敷居の高い音楽であると感じさせられるし・・・
 普遍性を若干欠いている、ヒットしにくくしている・・・

 のではないかと思わせる原因になってはないだろうか???

 時々聞くと、素人の私にも、素晴らしい旋律であると感じさせる実力に溢れている曲達であるのに・・・!!
記事検索
Archives
にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ
livedoor プロフィール

kayash

不愉快なことが沢山あるこの日本!!今までは漠然と不満を持っていた自分!!しかし2008年5月4日からこのブログを初めて、自分が感じている不満をもっと具体的に他の人に伝えるにはどうすればよいのだろう??と考え、何かと調べてまとめることを続けてきました!!・・・そして大分具体的に自分の価値基準を持つ事が出来たような気がします!!・・・これからも『焼酎』(米、球磨焼酎)、『九州』(熊本、宮崎、鹿児島など)、『日本や世界』の『政治、経済、文化、スポーツ、観光、事件』について私の考えでコメントしていきます!!・・・よろしくお願い申し上げます

livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ