焼酎と九州

九州って、こんなに良いところが沢山あるよ!! 初めての錦江湾、姶良(重富漁港)沖で大きな真鯵を沢山釣ったとき、数年ぶり??で桜島が噴火しました!!!・・・しかも2回も!!(2008.4.27) 私も噴火したい気持ちになりました!!!

温泉

華の荘 〜景色の良い温泉〜 at 人吉(熊本県)                     Hana-no-sho with beautiful scenery at Hitoyoshi, Kumamoto pref. !!

P1000072 人吉や球磨郡は・・・色々なところで温泉が湧いており・・・
 少し掘ると・・・温泉が湧いてくるようですが・・・
 沢山あって〜〜〜いいですよ!

 『華の荘』は〜〜〜
 人吉の街の南東の小高い丘の上にある温泉です!

 西側を向いた造りになっており・・・
 夕方、浸かりに行くと・・・
 西日で眩しいのですが〜〜〜

 露天風呂からは、眼下に 人吉の街が見下ろせます!

 お湯は、ほとんど透明で・・・弱炭酸泉!?と言ったところです!
 気持ちいいですよ!!




幸福温泉 at 人吉(熊本県)                                Koufuku Spa, so good, at Hitoyoshi, Kumamoto pref.

P1000127 人吉は・・・
 街中や郊外に 沢山 温泉があります。

 しかも・・・聞いたところによると・・・
 関連する火山の関係で、結構泉質に違いがあるとの事。

 『幸福温泉』・・・

 少し前までは「明哲温泉」という名前でしたが・・・
 お湯は、少し茶色で・・・
 炭酸泉なのだそうですが・・・

 湯加減は・・・大変お勧めです!!

ゴールデンウィーク・・・どこに行こうかな?                       Where will you go for Golden week, this year !?

20130320キャトル3 最近 家族でどこかに行こうと思うと・・・
 ほとんど、準備段階で盛り上がることはありません!

 自分の休みは、・・・で!
 子供の休みは、・・・で!

 じゃあ、何日の夜から、新幹線で出かけるしかないよね〜〜!?

 でも温泉宿なら夕食の時間は19時までには入らなくては・・・!?

 東京を18時半に出るとしたら・・・!?

 ないじゃん!!

 などという虚しいやり取り・・・

 実際、今『じゃらん』というので調べてみても・・・
 箱根・熱海は、日帰りプランだけ!
 鳴子温泉は、いい温泉だったけど・・・
 新幹線から乗り換えてからも1時間半ぐらいかかりそうだし・・・


 そういえば、昨年は、渋谷と学芸大学あたりで、できるだけ外食をしようと計画したんだっけ!?

三国連太郎さんを悼む                             Missing Rentaro Mikuni !

20130323仙台堀川2









 釣りバカ日誌のスーさんというのが、私の中の三国さんである。
 日本の古き良き時代の雰囲気を醸し出して下さった俳優であると私は感じていました。

 ほかの映画でも、俳優としての情熱を有り余していた素晴らしい俳優であったとの事。

 そして、その息子 佐藤浩市氏のコメント・・・

 基本、自分の父親としても感情を持ち合わせていないとの事。
 他人事ではないように感じましたし・・・
 きっと大きな誤解もあるのであろうとも思います。

 でも三国さんは、ご自分の息子が自分と同じ業界で、格好良く、立派な俳優になったことが嬉しくてたまらなかったのだと思います!!!

サンマリン気仙沼 ホテル観洋(宮城県) 気仙沼温泉 〜日本を代表する漁師町の温泉!〜   Hotel Kanyo, Kesen-numa, Miyagi 

5ddd9597.jpg 支配人らしき男性、言葉上手である。
 いきなり車を停める時・・・
「一番良いところを取っておきました!」といってパイロンをよけて、ホテルの入口に近いスペースを作ってくれた。

 今日も到着は19時・・・
 一般的には遅い時間・・・
 食事は19時半から・・・

 「平成17年 温泉を掘りました。
  1000メートルを掘るのに1億円かかります。
  1800メートル掘ったら、温泉が出ました!!
  またこの温泉の泉質は、専門家も絶賛です!!」

 一階が大浴場
透明な塩泉!
 塩味が、海水よりも濃い!湯だし口からあふれんばかりに大量のお湯が出てくる。
 頭から被ると、とても塩辛く、涙が出てくる!
 窓の外は気仙沼漁港・・・
横15mたて5m程度の少しひょうたん型の広い浴槽。
 外に出て、階段を下りると露天風呂。
 大きな岩を沢山配した豪華なつくり・・・
 しかも女風呂と境をするあたりの湯出し口辺りには、少しだけ隙間があり、はっきりは見えないが、女風呂に人がいるかどうかぐらいは解る造り・・・
 これも乙な計らいなのかもしれない・・・

 夕食は、「ふかひれ」料理をはじめ、アワビなど海産物をふんだんに使った料理!
 マンボウまで出て来た!

 多分この町の温泉!
 遠洋漁業で疲れ果てた猟師さんたちが、大漁で稼いだお金を糸目もつけずに、飲み騒ぐ宴会が時々あるんだろうな〜〜

 と思わせる、豪快な雰囲気を秘めたホテルであった!!
P8130098P8140104P8140108

浅虫観光ホテル 〜青森県〜                                        Asamushi Sight Viewing Hotel, at Aomori

ff6e0481.jpg 流石に、下北は遠いし、広い!

 イメージより、1.5倍〜2倍といった感じであった。

 そのため浅虫観光ホテルには、16時ごろ着きたかったが、19時を回ってしまった。
 20時ごろから夕食にしようかと思ったが・・・
 20時半から、1階で津軽三味線の演奏会があるとの事・・・

 20分で入浴して、19時半から、夕食という事にした!

 このホテル、7月29日に、内装を一新させられたらしい!

 3階が大浴場。
 浴槽は幅3m長さ20mぐらい。
 陸奥湾に面しており、非常に上手に借景している。
 気持ちがよい。
 露天風呂は5m 四方。折り戸の大きなサッシュがあり、前面の小さな島「湯ノ島」がすっぽり入り、絵のように見える。
 この島は、広島の宮島のように、海に赤い鳥居が立っているのが見える。
 カタクリの季節に、近隣の人たちが渡ることがあるという、無人島なのだそうである。
 その他、ヒノキ造りの1畳程度の大きさの浴槽が二つ並んでいる。
 小さなサウナもある。
 お湯は透明で、単純??泉。時々湯の花が浮かび、温まる温泉。

 食事は、10階が展望レストラン。
 今回の旅行では珍しく、和風フレンチ的な、手の込んだ上品な料理であった!

 ホテルの方と・・・
 青森、十三湖辺りを中心とした過去の文明・・・
 今年12月4日に青森まで延長する、東北新幹線で、お客さんが来るか?という話・・・

 20時半からは、10年前から、津軽三味線の勉強のために、青森に来ているという、熊本県八代市出身の女性の演奏を聞いた・・・

 青森に来たのだという、達成感的なものを感じ、今夜も地酒を定量以上に飲んでいる自分を感じた・・・

 春秋、ねぶた・・・
 その頃は、かなり混雑するらしい・・・!!

P8120116P8110107P8110115

湯瀬温泉・湯瀬ホテル(秋田県)                                  Yuze Spa, at Akita

P8100011P8090220P8090217




 ホテルは、12階建てと8階建ての現代風の高層の建物が、米代川を挟んで建っている。
 たまたま私が訪れた時は、湯瀬辺りは晴れていたが、上流で雨が降ったらしく、増水し濁っていた。 川の左岸の山の斜面に作られたお庭も整備が行き届いている。
 食事はバイキング。洋食はぴりっと、切れがある美味しさであった。お勧めである!
 その他併設した、居酒屋などで食事をする事が出来る!
 料金設定は非常に安いプランが多い!

 大きな浴槽が、男女それぞれ2つずつある。
 温泉は、透明で気持ちよい。しかも展望風呂は近くの川を望み、川沿いの浴槽は25mプールほどある。浴槽は臍ぐらいまでの深さで、少し深い。

全体的には、バブル期に立てられた感じの建物であるが、川沿いの大きなお風呂は、特に露天風呂と川との関係が絶妙で素晴らしい露天風呂である!
また室内の薄い緑色の大理石と石灰岩の間の感触の石造りの床が何とも素晴らしい材質であった!

たまたま私が入浴した時、大理石で作られた体の洗い場は30ぐらいあるが、私一人で貸切風呂であった!
・・・嬉しいのはボウリングレーンが6レーン、25mプール、ゲームセンターが併設してある。

飲食店の料金設定は、いわゆるバブル的な値段設定であった。

 グループで来るものお勧めである。
 十和田湖まで一時間余で行くことが出来る!!

P8090239P8090233P8100003

鳴子ホテル 鳴子温泉(宮城県) 〜日に何度か泉質が変わる温泉とは!!?〜                                          Naruko Hotel, Naruko Spa at Miyagi 

b472a009.jpg 東北自動車道 古川インターを出る際・・・
 お回りにつかまった!!

 ETCなのに・・・
 後部座席のシートベルトしていませんでしたね!

 でも、乗って直ぐはシートベルトを締めろと言っても、途中で後部座席の乗客が自分勝手に外したとしても・・・
 運転手の責任!?
 また今度亢進の時、長い講習を受けなくては・・・
 少し切れそうになった!!

 インターから29kmという標識
 18時前に、鳴子温泉に着くことができた。

 こけしの古里
   ・・・でもこけしって、口減らしをした子供を表現しているのだと、子供の説明・・・

 鳴子ホテルは古く、エントランスは昔のイメージ
   ・・・車は、隣の神社の境内を駐車場にしている。
      また隣は学校がある・・・

 本館は古い!

 まずは温泉に入らないと・・・
 フロントが5階で、そこに車が止まる。
 浴室は1階と2階である。

 部屋を出て、5階に降りる。
 途中、こけしの色塗り体験 500円をしている。
 和室の食事会場を通り・・・
 バイキング会場の前まで行くと、1階行きのエレベーターホールである!

 このように歩いていくと、鄙びた温泉ホテルから、近代的なラグジュアリーホテルへと変化していくのには驚いた・・・!
 しかも機能としては、インターネットにもフロントで接続してくれる!

 何とここにもあった!!
 「五つ星ホテル」の看板!

 3階にはこけし2000体の展示がある!

 温泉は、湯量は豊富であるという印象である。
 非常に強い硫黄の臭い!・・・
 本当の温泉に来たのだという気分にさせてくれる。・・・
 温泉は濁っていたり、透明であったり、1階の二つの浴槽で、温泉の質が違う!!・・・
 また一日のうちでも時として、泉質が変わるのだそうである!・・・
 自然を感じる!!!・・・
 本館と新しい建物がある。大浴場は1階と2階。24時間入れる。
 ここも飯坂温泉・吉川屋と同じぐらい、非常に広い浴槽である!!・・・
 温泉が濃いためか、上がり湯を置いてくれているのはホッとした!・・・

 ここも奥州三名湯の一つなのだそうである。もう一つは仙台の秋保温泉。・・・
 また温泉の泉質としては日本では11種類の泉質があるのだそうであるが、鳴子温泉ではそのうち9種類までが湧出するのだそうである。・・・
 朝の5時に、男湯と女湯が入れ替わる。

 夕食は、氷のかまくらにお刺身が入っていたり・・・
 食べきれないほどの懐石料理・・・

 鳴子ホテルのラベルになってしまった、日本酒「出羽桜」もまた非常に美味しい!

 そして朝のバイキングが、四角い大きなプレートを用い・・・
 気品を感じた!!

P8080109P8090137P8090128

温泉という文化                                           Hot springs are our culture !

20100321熱海旅行かみむら98露天風呂 小さい頃から、時々温泉には行ったものである!

 東京だと、やはり箱根、熱海が最も親しみある温泉だし・・・
 石和、伊香保、草津、那須塩原、鬼怒川、(薮塚)・・・
 も親しみがある!

 そして最近は、東京でもどこでも、深い井戸を掘りさえすれば、温泉は湧いて来るのだそうである!

 小さい頃温泉というと、温泉宿にある、ゲームコーナーには、とてつもない魅力を感じていてた・・・

 そして段々とお酒で飲めるようになると・・・
 温泉にお盆を浮かべて、そこに徳利とお猪口を載せて・・・
 何て風流なんだろう〜〜!

 そして夕食を食べたら、歓楽街に行って・・・

 挙句の果てに、温泉には、休みに来たのか?
   ・・・疲れの来たのか?
 判らなくなりながら、帰途に着く
   ・・・などという事を繰り返したものでした・・・

 しかし、最近思うのは、やはり
 『温泉は、風呂に入りに来て、疲れを取る場所なんだな〜〜!!』
 といった実感でした・・・!

 そういう意味で、先日、熱海の温泉に行き、
 『入浴が別に好きでもない自分は、何で5回も風呂に入ってしまったんだろう〜〜?』
 という事の答えのような気がしました!!

旅館『かみむら』 静岡県熱海市                                          ‘Kamimura’ the hotel at Atami, Shizuoka pref. 

98335cb8.JPG20100321熱海旅行かみむら料理10320100321熱海旅行かみむら94




 連日、久しぶり温泉に行ってきました!!

 旅館『かみむら』・・・

 しかも出発日の前日の早朝、インターネットで予約しました!

 熱海駅までお迎えに来てもらえました!!

 建物は40年物に感じましたし、5階建てでもエレベーターはありませんでした!


 しかし山よりで遠くに海が見え、夜景も綺麗で・・・
 お料理は部屋まで運んでくれて・・・
 しかも美味しくて、沢山あって・・・
 値段は、かなりリーズナブルで・・・

 塩泉の温泉は気持ちよく・・・普段はシャワーしか浴びない私ですが・・・5回も入浴してしまいました!!!


20100321熱海旅行かみむら料理10720100321熱海旅行かみむら98露天風呂20100322熱海旅行かみむら朝食110
記事検索
Archives
にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ
livedoor プロフィール

kayash

不愉快なことが沢山あるこの日本!!今までは漠然と不満を持っていた自分!!しかし2008年5月4日からこのブログを初めて、自分が感じている不満をもっと具体的に他の人に伝えるにはどうすればよいのだろう??と考え、何かと調べてまとめることを続けてきました!!・・・そして大分具体的に自分の価値基準を持つ事が出来たような気がします!!・・・これからも『焼酎』(米、球磨焼酎)、『九州』(熊本、宮崎、鹿児島など)、『日本や世界』の『政治、経済、文化、スポーツ、観光、事件』について私の考えでコメントしていきます!!・・・よろしくお願い申し上げます

livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ