焼酎と九州

九州って、こんなに良いところが沢山あるよ!! 初めての錦江湾、姶良(重富漁港)沖で大きな真鯵を沢山釣ったとき、数年ぶり??で桜島が噴火しました!!!・・・しかも2回も!!(2008.4.27) 私も噴火したい気持ちになりました!!!

地球

アメリカの真摯な態度!?                              〜〜環境サミットは何時あったんだっけ??〜〜

16bee510.JPG 環境サミットといわれた北海道洞爺湖サミットが先週月曜日(7月7日)から3日間で閉幕した。
 G8などと呼ばれているが、中国、インド、ブラジル・・・アフリカ諸国等の参加があり、当初の国連の意思決定を先進国であるG7(のちG8)が補完する目的で設立されたといわれていく久しい
・・・結局沢山の国々が参加した。そのことは裏を返すと、G8には世界的な意思決定は事実上無いという事と裏腹であるといわれてきたが、その通りであったという実感である。

 私の日常生活感としては、車で皇居・六本木・新橋・東京駅界隈を通勤で通っているが、何でこんなに検問と称して、警察官が沢山いるのだろうという疑問
 ・・・こんなに沢山いて殆ど車を止めることが無いが、何を検問しているのであろうか?
    ・・・勿論、後にこの検問のおかげで、北海道サミットに関するテロ事件を未然に防ぐことが出来たというレポートでも出ることがあれば、さすが日本の警察であるという意見になってしまう自分を予想してしまう
       ・・・しかし現時点ではやはりこの東京都心部の検問は、この蒸し暑い季節に検問に当たられた警察官諸氏には慰労をしたい気持ちであることには代わりが無いが、実際上の何かしらの成果は上げることが出来たのであろうか??
          ・・・疑問である!

 そしてYahooなどでは7月11日(金)配信されたニュースであるが、
「(2007年4月)米最高裁が、温暖化の方策を取るようにという命令以前に出した。・・・そのことに関連してアメリカ政府はアメリカ経済の成長を考えると事実上不可能であるという判断を出した!!?」という事が報じられた。

 私自身、マンウォッチングには注意を払っているつもりであるが、福田首相とブッシュ大統領の、サミット終了時の二人の記者会見を見ていて、このサミットは実効が無いものに終わったという事を実感した。
 ・・・それにしてもこの報道、サミットが終わって2日の時間的開きがあったであろうか?
    ・・・今回のサミットは世界をアメリカを2日間ですら抑えることが出来なかったという内容でしかなかったという事を、実証する形となった!!
       ・・・判っていたといってもやはり私にとってはショックであった!

 最大限、友好的にこの報道を解釈すると、珍しく出来ないことは出来ないとアメリカは素直に認め、それを公表したという評価が出来ないわけではない!!?
 報道の内容はともかくも、アメリカの真摯な態度として評価をすることが出来るかもしれない・・・

 世界中の大多数の方と考え方を同じくする私としては、真摯な態度のアメリカ政府の返答ではあるが、もう少しは理性的な面がアメリカにはあるであろうと期待していた自分が情けなく思える報道であった。
 そしてアメリカ司法は、日本の司法より中立性を維持し、その行動力、命令における強制力を期待していた自分であったが、その点でもあらためて私は裏切られた思いがした・・・

 今日は30度をはるかに越える中、東京湾海洋調査をしに行ってきた私としては、この地球温暖化に対する新たな期待を明日、本日の内容と関連付けてご報告したいと考えております・・・勿論、東京湾海洋調査の報告も後日させて頂きます・・・請う御期待!?続きを読む

経済という名の悪魔を見た!!

球磨の風景恒松20070814 ちょっと語弊がある表現ですみません!!

 最近は「環境サミット:洞爺湖サミット」で話題は持ちきりである。

 そこで今更のように、またこんな内容のテレビ番組があってよいのか??という疑問を強く持ちながら、「環境と日本の経済」という事に関して、小泉首相と経団連の間で文書に残らない密約があったという番組を昨日の夜に見た。

 その舞台は2001年初頭である。1997年の京都議定書を、多分日本がリーダーシップを取って作成した。しかし世界最大のCO2排出国、世界の6割?のCO2を排出しているアメリカは、自国のメリットが無いという理由から参加もしなければ、批准もしなかったというのは、周知の事実である。
・・・その時アメリカって国は、何て自分勝手で酷い国だろうという印象を持ったのを記憶している。

 その番組の内容は、小泉首相と経団連の当時の会長をはじめとした経団連関係者、そして環境省の官僚の話である。
 2001年ごろの認識として、日本としても京都議定書の関係もあり、環境対策を取らないというのは許されないであろう
 ・・・しかし経団連としては、環境対策で強制力を持った政策は経済維持・発展のためには認めるわけにはいかない
    ・・・であれば強制力なくして政府としては環境問題に取り組んでいるという態度を示し、表現としては「環境と経済を両立させる政策・・・」という表現で、政治姿勢を示してくれという密約が、小泉首相と経団連関係者の間で取り交わされたそうである!!??

つまり日本としてはCO2削減を事実上しないという事を2001年に首相が認めたという内容!!

実際に、そのように表現された文章と首相のテレビ録画が披露されていた。
そしてこの原則は2012年まで効力があるという内容であった!!

続きを読む

サウジアラビア、クウェートなどの採油国の増産表明          ・・・献身的と評するべきである!!

 確かに最近のガソリン価格は馬鹿にならないほどの値上がりを感じる。
 勿論、産業界にしてみれば、許せないほど・・・殺されてしまうほどの(倒産してしまうほどの)急激且つ高度な原油価格の高騰である。

 しかし原油価格がこれほど異常に高騰している背景には、余剰資金を持っている個人、組織、国などが投資リスクの低い対象として、これほどにまで上昇しきった観のある原油相場に投資を続けなくてはならない世界経済の現状がある。
専門家ではない私であっても指摘できるほど原油価格の下落リスクは上昇している昨今である。

 つまり余剰資金の投資対象としては、日本どころか、BRICs関連の株式市場ではなく、アメリカ国債、アメリカ株式市場でさえも投資対象ではない
   
   ・・・原油の下落リスクよりも、それらの市場の下落リスクの方が高いと判断されているという事の裏返しである!!続きを読む
記事検索
Archives
にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ
livedoor プロフィール

kayash

不愉快なことが沢山あるこの日本!!今までは漠然と不満を持っていた自分!!しかし2008年5月4日からこのブログを初めて、自分が感じている不満をもっと具体的に他の人に伝えるにはどうすればよいのだろう??と考え、何かと調べてまとめることを続けてきました!!・・・そして大分具体的に自分の価値基準を持つ事が出来たような気がします!!・・・これからも『焼酎』(米、球磨焼酎)、『九州』(熊本、宮崎、鹿児島など)、『日本や世界』の『政治、経済、文化、スポーツ、観光、事件』について私の考えでコメントしていきます!!・・・よろしくお願い申し上げます

livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ