焼酎と九州

九州って、こんなに良いところが沢山あるよ!! 初めての錦江湾、姶良(重富漁港)沖で大きな真鯵を沢山釣ったとき、数年ぶり??で桜島が噴火しました!!!・・・しかも2回も!!(2008.4.27) 私も噴火したい気持ちになりました!!!

破壊

川辺川ダム建設中止を歓迎する!!

8bd68c95.JPG20080815五木720080815五木8 




 8月14日『自然とは人間が征服するもの?・・・それとも共存させてもらうもの?』
においても詳述しましたが、私は川辺川ダムは造るべきではないと主張してきました。
 昨日の、蒲島熊本県知事のご発表『川辺川ダムは造るべきではないと判断した』は英断です!!

 とても嬉しいです!!

 なぜ反対か、もう一度整理すると、
(1) 日本に残された数少ない清流の一つ、川辺川。そこにダムを造るという事は、川辺川自体と、川辺川が最も大きな支流となっている球磨川の今までの自然環境は決定的、回復不可能となる破壊を受けることになる。
  ・・・恐らく川辺川と球磨川はどぶ川同然になるであろうと危惧している。
  ・・・勿論、人間は自然を征服する立場には無く、自然により共存することを許されている立場である。
  ・・・川辺川ダム建設は、人間が自然を冒涜する行為である。
(2) 『五木の子守唄』で有名な五木村は、このダムで水没する。またダム建設現場となる相良村、その下流の人吉市等、地域住民は、この計画に関して根強く反対の意思を表明し続けている。
(3) 建設計画当時の日本では、お国が計画した事にたてを突くという事は許されなかった!!
  ・・・しかし地域住民は逐次段階を踏んで川辺川ダム建設に対して反対であるという意思表示を行ってきた。
  ・・・時に司法に訴えて、また時に地方自治という政治的に意味のある形で
  ・・・そして今回地域の首長(村長、市長、県知事)も民意と同様、反対の意思表示をした。

 であるなら、根本的問題として、この川辺川ダムは誰が何の目的で造るのであろうか??
 本来、建設計画をする時点においてさえ、その目的意識が曖昧であったのではないだろうか?少なくとも、1966年以来、40余年の時間が経過する中で、この川辺川ダム建設計画自体の必要性は著しく低下したことは間違いが無いことである!!
 ・・・人間はだれしも間違えることはある!しかし間違いを認め、行動を中止し、訂正する勇気は保持しなくてはならない!!

 確かに、球磨川水系は何度も洪水を起こしてきている。そのために危険か箇所は沢山ある。現地の人はそれを十分理解している。その上で、やはり川辺川にはダムは造るべきではないと判断している。
 部外者の私、時々遊びに行くだけの立場の私ではあるが、今年の春も球磨川下りをした。
 今年の夏も川辺川で泳いだり、子供を遊ばせたりした。
 ・・・そして川辺川ダムの建設の進捗状況を自分の目で確認しに行ってきた。
 ・・・その上でこの川の自然を失いたくないと強く感じた!

 ただ残念なのは、1966年以来、ダム本体こそ造られなかったが、このダム建設に関連した事業は着々と進められてきた。そのため五木村の人たちは、自分らの村を捨てて、沈まない高台へや全く別の町へ移住した!!
 昔ながらの、川辺川に沿って、湾曲して走る細い道は、川面より何十メートルも高い位置へ、急な斜面を沢山削って、沢山の橋とトンネルと開通させて、強引に幅の広い直線的な道路へと変化していった!!
   ・・・その中には、太いミミズのような形をしたぼそぼそとした棒のような蕎麦を出してくれていた、地元の名店『加藤食堂』も入っている!
   ・・・かなりの自然破壊をすでに行ってしまっている!!
   ・・・それらに関する費用として2000億円も投じてきている!!!

  ・・・ああ〜〜もったいない!!!

 人間は間違ったと認識したら、直ちに行動を中止しなくてはならない!!!
20080815川辺川1120080815川辺川1220080815川辺川1

我々はアメリカについてもっと具体的に知るべきである(4)                           〜日米の国防費と国防に関する考え方の違い:私見〜

1fd431f3.JPG 日米の比較を、GDPベースで比べて見ると、日本が4兆3500億ドル、一方アメリカは13兆8500億ドルです。

 一方、アメリカは軍事大国、世界の軍事費の40〜50%をアメリカ一国で費やしています。
 具体的には、アメリカの軍事力は 46兆円:6,073億ドル(国防省予算5,831億ドル(対テロ関連追加経費等377億ドル含)及び他省庁関連経費242億ドル)、兵役 志願制、約137.4万人、2008年4月30日現在(除:予備役110万人、2007年6月30日現在)。GDP比率3.6%です。
 日本の防衛費は、4兆9000億円で、自衛官数は約24万人です。GDP比率1%です。

 金額では、約10倍!!
 GDP比率で見ても、3.6倍である!!

 私は、「軍事(戦争)は、破壊である」と、ついさっきまで信じておりました。

続きを読む

経済という名の悪魔を見た!!

球磨の風景恒松20070814 ちょっと語弊がある表現ですみません!!

 最近は「環境サミット:洞爺湖サミット」で話題は持ちきりである。

 そこで今更のように、またこんな内容のテレビ番組があってよいのか??という疑問を強く持ちながら、「環境と日本の経済」という事に関して、小泉首相と経団連の間で文書に残らない密約があったという番組を昨日の夜に見た。

 その舞台は2001年初頭である。1997年の京都議定書を、多分日本がリーダーシップを取って作成した。しかし世界最大のCO2排出国、世界の6割?のCO2を排出しているアメリカは、自国のメリットが無いという理由から参加もしなければ、批准もしなかったというのは、周知の事実である。
・・・その時アメリカって国は、何て自分勝手で酷い国だろうという印象を持ったのを記憶している。

 その番組の内容は、小泉首相と経団連の当時の会長をはじめとした経団連関係者、そして環境省の官僚の話である。
 2001年ごろの認識として、日本としても京都議定書の関係もあり、環境対策を取らないというのは許されないであろう
 ・・・しかし経団連としては、環境対策で強制力を持った政策は経済維持・発展のためには認めるわけにはいかない
    ・・・であれば強制力なくして政府としては環境問題に取り組んでいるという態度を示し、表現としては「環境と経済を両立させる政策・・・」という表現で、政治姿勢を示してくれという密約が、小泉首相と経団連関係者の間で取り交わされたそうである!!??

つまり日本としてはCO2削減を事実上しないという事を2001年に首相が認めたという内容!!

実際に、そのように表現された文章と首相のテレビ録画が披露されていた。
そしてこの原則は2012年まで効力があるという内容であった!!

続きを読む

落書き問題   〜〜焼酎の歴史は落書きが証明している〜〜

d4f53ff4.JPG イタリアのフィレンツェの世界遺産に、皆が落書きをして物議をかもし出している。
 基本的に落書きは破壊行為である!!

 では落書きは単なる破壊活動であるかというと、そうとは限らない。
 ストリート・アート、現代芸術として認められているようなものも存在する。

 歴史的に古いものでは、フランス・ラスコーの洞窟壁画は、落書きの一種のような気がする。もしかしたらナスカの地上絵も、宗教的な意味合いは十分にあったものと考えられるが、描いた人たちは考古学的に重要になるから・・・芸術だから・・・と思って書いたかといえば、必ずしもそうではなかったような気がする。

 では壁画にどのようなものがあったかというと、古くはエジプト・ルクソールの壁画、
比較的新しいところで、ミケランジェロのバチカンのシスティーナ礼拝堂の「最後の審判」、レオナルド・ダ・ヴィンチによるミラノのサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ修道院の壁画「最後の晩餐」などもあげられ、枚挙に暇は無いが、非常に評価の高い芸術である。

続きを読む
記事検索
Archives
にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ
livedoor プロフィール

kayash

不愉快なことが沢山あるこの日本!!今までは漠然と不満を持っていた自分!!しかし2008年5月4日からこのブログを初めて、自分が感じている不満をもっと具体的に他の人に伝えるにはどうすればよいのだろう??と考え、何かと調べてまとめることを続けてきました!!・・・そして大分具体的に自分の価値基準を持つ事が出来たような気がします!!・・・これからも『焼酎』(米、球磨焼酎)、『九州』(熊本、宮崎、鹿児島など)、『日本や世界』の『政治、経済、文化、スポーツ、観光、事件』について私の考えでコメントしていきます!!・・・よろしくお願い申し上げます

livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ